ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

日本架空伝承人名事典

大隅和雄・西郷信綱ほか

平凡社 1986

 アの「愛護若」からワの「藁しべ長者」まで、ずらりと日本の神話・伝説・昔話・謡曲・お伽草子・絵本・歌舞伎などに登場するヴァーチャル・キャラクターが勢揃いしている。俵藤太もいれば彦市もいるし、かぐや姫もいれば弁慶もいる。観音、八百比丘尼、太郎冠者なども入っている。
 ヴァーチャル・キャラクターだけではない。稗田阿礼、源信、安倍晴明、空也、楠木正成、水戸黄門、清水次郎長のような実在の人物も顔を出す。実在者であっても、その人物がさまざまな物語の主人公になったり、勝手な伝承の尾鰭をつけていたりすれば、このリストにノミネートされる。かれらはすべて「もどき」としての面影領域を広げたキャラクターなのである。野史や稗史のなかで翼を広げ、架空の冒険と失意をくりかえし、誇張された喜怒哀楽をふんだんに発揮した。

 この『日本架空伝承人名事典』の刊行とほぼ同じころ、角川書店からはもっと大部の『日本伝奇伝説大事典』が刊行された。当然、すぐ入手した。こちらは人名だけが項目になっているのではなく、事象・風景・事件・作品・職能・建物などとともに人名が並んでいる。むろん実在者も入っている。
 だから異類婚姻譚、宇佐八幡宮、檀風城、瀬田の唐橋、殺生石、伽婢子、重井筒などでも、スサノオノミコト、空海、比企能員、竹中半兵衛、髭の意休、飯岡の助五郎といった項目でも、引ける。ちなみにアは貴船神社に名高い「相生杉」ではじまり、ワは西鶴や紀海音が浮世草子や浄瑠璃に仕立てた「椀久」(椀屋久右衛門)でおわっている。大事典というだけあって項目数も多いし、解説もかなり詳しい。飯岡の助五郎でいえば平凡社版の2倍の解説である。
 だからぼくはこの両方を駆使して遊ぶわけで、とくにどちらのほうに編集力・執筆力の軍配があがるというものでもないが、ここでは人名にかぎってアーカイブの“棚揃え”をした平凡社のほうをとりあげることにした。べつに他意はない。
 
 世の中の出来事やエピソードには、その後もさまざまなかたちで語り継がれるものがそうとうにある。それらは語り継がれるにつれ、潤色が加わり、登場人物がふえ、変貌がおこり、関連した場所やエピソードが膨らんで、ついに見違えるようなフィクションとしての一個の物語に至ることが少なくない。
 レヴィ=ストロースはそれを神話段階におけるブリコラージュとよんだけれど、ブリコラージュすなわち修繕といったなまやさしいものではないことも少なくない。まさにラディカル・エディティングになったり、時空をまたいだ相互編集になったりする。編集者が無名であったり、多数であったり、時代も地域もまたぐこともある。そのため正史として記述される出来事と、語り継がれるうちにまったく新たな虚構の出来事となったことが、人々の記憶のなかでは区別がつかなくなることもおこっていく。
 そこへもってきて、たとえば近松門左衛門が曾根崎心中事件を戯曲に、上田秋成が西行を物語にしていったように、すぐれた作家の想像力がそこに加わると、これらの虚実皮膜の構造はまことにもって事実を上回るエディトリアリティに富み、燦然たる光を放つことにもなるわけだった。
 これは「面影の史学」ともいうべきものだ。ぼくはこういうことこそが「想像力の自由な行方」というものであると思っている。
 
 大森彦七という武士がいた。南北朝期の伊予の国の者だが生没年はわからない。歴史上の記録も『太平記』の巻23に足利尊氏の陣営に属して軍功をあげたというばかりで、そのほかの事歴はまったく詳細がない。
 ところがその軍功が、湊川の合戦で足利方の細川定禅に従って楠木正成を窮地に追いこんだということが、この大森彦七を伝説的な人物に仕上げていくことになった。なにしろ相手が楠木正成なのである。人々の想像力が逞しくなっていくのは当然だ。
 まず、正成が窮地に追いこまれたことを、自分で恥とおもっただろうと想像する。これは天下の正成ならありうることである。正成だったら恥を忍びそうだ。だいたいこういう「~するはずだ」という庶民的な判断が、幾多の伝説的想像力のきっかけになる。ついで、その正成が亡霊となって彦七にリターンマッチをする。恥を忍ぶだけでは正成らしくない。やはりもう一度、正々堂々とした勝負をしたい。これもありうることだ。彦七もそこは譲れず、応戦をする。正成は自分を苦しめた彦七の刀をとりあげようとするが、なかなか成功しない。そこで正成の亡霊は鬼女に変身して、さらに彦七に復讐をする。正成なら復讐までは似合わないが、鬼女ならば復讐こそがふさわしい。
 こうして物語は、正成の亡霊としての鬼女と勇猛果敢な彦七の呪術合戦に変わっていく。彦七は窮地に追いこまれ、辛うじて大般若経の功徳によって救われる。もともと彦七は正成を追いつめたのだから、こちらにも分が戻らなければならない。だからここでは仏教説話のパターンがつかわれることになっていくのである。
 やがてこの伝承は、時代物の浄瑠璃『蘭奢待新田系図』に発展した。こちらは近松半二・竹田平七・竹本三郎兵衛の腕にヨリをかけた合作である。明和2年に上演されている。それがまた明治に入って舞踊劇になった。福地桜痴の名作『大森彦七』だ。舞踊として振付を得てエレガントになっているだけでなく、彦七は業平の移し身になっていて、またまた新たな物語イメージが加わった。ついに楠木正成と在原業平という日本を代表する二大スターがつながったのだから、これ以上の尾鰭はない。

 ざっとこんなふうに伝承伝説が膨れあがって、それが作家の創作性にまで結びつくわけである。まことにもって、おもしろい。
 では、もうひとつ例を出す。これはちょっと複雑になる。人名事典や伝説事典を何度も引きくらべなければならない。
 
 逆髪という名の異形の女性がいた。生まれながらに髪が空に向かって逆立っている。醍醐天皇の第三皇女ということになっているが、そんな風変わりな女性はどんな記録を見ても実在しない。謡曲の『蟬丸』だけに登場する。逆髪はまったくの虚構の人物なのだ。
 なぜこんな異形の女性が想定されたのかというと、醍醐天皇の第三皇女だという設定に妄想が渦巻いていく要因がひそんでいた。醍醐天皇の第四皇子といわれている人物に、蟬丸とよばれている謎の人物がいたのである。そうであれば、きっと逆髪は蟬丸の姉宮だろうということになる。
 このことを物語にしたのが謡曲『蟬丸』で、盲目の蟬丸が逢坂山の藁屋で琵琶を弾いているところへ、逆髪怒髪の業ゆえに遺棄されて放浪をしている姉宮が立ち寄り、薄幸の姉と弟が束の間の奇遇をよろこび、なぐさめあい、二人が名残りを惜しみながらふたたび離れていくという筋書きになっている。ここでは蟬丸は盲人の琵琶の名手として語られ、しかも捨てられた宿命を背負っているというふうになった。
 とりあえず、これだけでもさまざまな因数分解や積分が可能であろう。なによりも背景には醍醐天皇がいる。この天皇は延喜帝ともいわれる名君であって、ここからさまざまな人脈や事歴が浮かびあがる。醍醐帝の子息や皇女や后たちも物語に関与する可能性がある。

 問題は第四皇子とされている蟬丸だが、「百人一首」に選ばれているほどその名を知られているのに、まったく経歴がわからない。例の「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」は『後撰集』に入っていて、「逢坂の関に庵室をつくりて住み侍りけるに」といった詞書がついている。名前からいって僧体である。だから、その名前から類推すれば、「丸」という名の日本文化史が引きずり出されてくるかもしれない。
 盲目であること、琵琶の名手であることからも、新たな想像力がかきたてられる。盲目の琵琶法師は当道座を組んで平家語りなどにかかわっていた。そこには何十人、あるいは何百人がいた。なかには名人もいたであろう。ひょっとするとこの話には、そうした名人が所有していた琵琶の名器がかかわっていたとも考えられる。楽器流転伝説というのも世の中ではつねに噂にのぼるものなのである。泉鏡花の『歌行燈』や夢野久作『あやかしの鼓』はその手のファンタジーだ。しかし当道座は南北朝のころにさかんになったもので、醍醐時代にはそんなものはなかった。
 そこで調べてみると、『江談抄』(平安時代の説話集)に「会坂目暗」という者の話があって、その者は宇多天皇の皇子の敦実親王の雑色だったとある。名前ははっきりしないが、蟬丸か、その前身にあたる者らしい。逢坂は会坂でもあったらしい。
 さらには『今昔物語集』二四に、源博雅という管弦の名手が逢坂山の盲目の蟬丸のもとに3年通って琵琶の秘曲を習得したという話が収録されていた。これはかなり劇的なエピソードで、博雅が習得した秘曲が《流泉》《啄木》だとまで書いてある。『世継物語』には宇治の木幡にいた卑しい盲目の法師のもとに童のころの博雅が百夜通って琴の秘曲を授けられたという話になっている。琵琶が琴に変化し、小町の百夜通いのような話が交じっているのだ。
 こうしたことを連結させてみると、醍醐天皇に近い者で落魄した者が、盲目となって琵琶の名人になっていたという流れが想定できそうだ。しかし、はたしてそうなのか。

 逢坂山というトポスにも、何かが生まれる要素が隠されているはずである。実はこの逢坂関は平安初期より道祖神が祀られていて、平安京から東へ向かったときの最初の重要な関所になっていた。そこが急坂でもあったので、道祖神は「坂神」ともよばれた。
 坂神? そうなのである。逆髪のサカガミは実は坂神のサカガミかもしれない。しかも逢坂山は病気の者や賤民や下層民とも密接な縁をもつ場所で、このあたりに一種の下層民のセンターか芸能者のセンターがあったと考えられている。かれらは賤視されてしばしば“坂の者”とか“所の者”とよばれた。
 どうも蟬丸があやしい。高貴の出身のくせに乞食のような日々を送っているし、盲目の琵琶法師になっている。しかしこれを裏がえして推理すれば、そのような盲目の琵琶名人があとから高貴の出身に見立てられていた、そのようにも考えられる。あるいは芸能者たちが自分たちのルーツを保証するために、高貴な人物を借りて仮託したのだろうとも想像できる。木地師や轆轤師たちはつねにそのように自分たちの職能が貴人との縁で起源したことを語ってきたものなのだ。
 まあ、こういったぐあいにあれこれ想像を逞しくしていくと、そこに広範な「蟬丸伝説構造」といったものがあったことが浮上してくるのである。おそらくは芸能の始祖を貴人に託したくて蟬丸が延喜帝の第四皇子に擬せられたのであったろう。

 最初は源博雅のような人物が逢坂山か木幡かの“卑しい所”で、琴か琵琶を習ったというような話があったのだ。やがてその“卑しい所”の者はたいへんな名人で、なぜ名人かというと高貴な生い立ちをもっているのだろうということになった。そして、その名も蝉丸ということになった。
 そのうち博雅が抜け落ちて、蝉丸のもとに通う者は坂神の加護がある者だということにもなり、その坂神がいつしかカーリーヘアもどきの「逆髪」という女性になったのだ。そして、その逆髪は醍醐天皇の皇女で、蝉丸もまたその隠れた弟だということになっていったのだ……。
 実際にも、逢坂関では中世になると蝉丸と逆髪を一対の男女神として習合させて「関明神」と称する信仰がおこっていた。『寺門伝記補録』ではそのように蝉丸の御霊を合祀したのは、朱雀天皇だということになっている。これが流れながれて、いまは大津市にある関蝉丸神社になった。
 本書には、このような蝉丸伝説が近松門左衛門の浄瑠璃『蝉丸』となり、さらに歌舞伎の『蝉丸二度之出世』『蝉丸養老滝』『蝉丸女模様』『蝉丸逢坂ノ緑』『相坂山鳴神不動』『若緑七種ノ寿』『梅桜仁蝉丸』などに変幻していったこと、『無名抄』に「関明神の事」があることなども添えられている。
 日本ではこういうヴァーチャル・キャラクターたちこそが、もうひとつの歴史、「面影の歴史」を支えてきた。今日のサブカルチャーを飾るキャラクターたちにも、そろそろ「面影の歴史存在学」がほしいところだ。