ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

千字文

周興嗣

岩波文庫 1997

[訳]小川環樹・木田章義

 日本には古来、文選読みというすこぶる愉快な漢文の読みかたがある。たとえば「求古尋論・散慮逍遥」は、「キュウコとふるきをもとめて、ジンリンとたずねてロンず。サンリョとおもんばかりをサンして、ショウヨウとこころやる」というふうに読む。
 かつてのハワイの2世などが英語と日本語をチャンポンにして、「ミーが食べたいディナーには音楽よろしくシューベルト」といったふうな喋りかたをして笑わせていたことをおもわせるが、あるいはそのように揶揄して森繁の《社長太平記》などでフランキー堺らがそんな喋りかたをしてみせていたことをおもわせるが、原則は漢語を最初に音読し、次にそれを日本語の意味を補いながら訓読する。漢文を読むにあたって、それを和音で一区切りずつ音読みし、それに日本語の訓読みをつなげて、一文を読み上げていくわけである。
 しかしこれは音読でも訓読でもない。あくまで日本人が漢字を学ぶためのチャンポン読みなのだ。築島裕によれば、おそらくは南都の僧侶が考案した読みかただったのではないかという。日本ではこの文選読みで『千字文』を声を出して読む。ぼくは一度だけだが父親から教わった。
 
 さて、『千字文』は漢字の「いろは歌」のようなものだが、なにしろ漢字をぴったり千字ぶん使いきっているところが、さすがに中国である。一方、これを日本的に工夫した文選読みも、すこぶる調子がいい。
 ともかく声を出すと気持ちがいい。第一行「天地玄黄・宇宙洪荒」と始まって、「日月盈昃・辰宿列張」「寒来暑往・秋収冬蔵」とすすみ、そのまま四言ずつ二五〇句の韻文をつくりながら総計一千字を重複せずに駆使しきり、「孤陋寡聞・愚蒙等誚」、最終行「謂語助者・焉哉乎也」というふうに結ぶ。右に引いた最初の六句六行を文選読みをしてみると、次のようになる。
 
  テンチのあめつちは(天地) ゲンコウとくろく・きなり(玄黄)
  ウチュウのおおぞらは(宇宙) コウコウとおおいに・おおきなり(洪荒)
  ジツゲツのひ・つきは(日月) エイショクとみち・かく(盈昃)
  シンシュクのほしのやどりは(辰宿) レッチョウとつらなり・はる(列張)
  カンライとさむきこときたれば(寒来) ショオウとあつきこと・いぬ(暑往)
  シュウシュウとあきはとりおさめ(秋収) トウゾウとふゆはおさむ(冬蔵)
 
 これらはむろん意味が通っている。そこが「いろは歌」同様に感服させられる。つづく第七句・第八句を例にすると、「閏餘成歳・律呂調陽」は「ジュンヨのうるうつきのあまりは、セイサイととしをなす。リツリョのふえのこえは、チョウヨウとひびきをととのう」と文選読みをするのだが、意味は「閏月によって一年を完成させ、律呂によって陰陽をととのえる」というふうになる。まずもって一千字の文字を選び、これらを組み替え組み替えして四句をつくり、これを前後に連ねて次々に意味をつくる。すべてがこんな調子なのである。しかもずいぶんに中国の故事逸話がとりこまれている。
 まことに呆れるほどに見上げた超絶編集作業だが、こんなアクロバティックなことをしでかしたのは、梁の周興嗣であった。
 
 6世紀前半のころ、梁の武帝が王子たちに手習いをさせるため、王羲之の筆跡から重複しない1000字を選ばせて、これを1枚ずつの模本にさせた。ところがこれではおもしろくない。学習もすすまない。そこで武帝は周興嗣をよんで「これを韻文になるように組み立ててほしい」という難問を出す。
 周興嗣は一晩徹夜をして1000字の韻文をつくりあげ、これを奏上した。おかげで周興嗣は一晩で髪が真っ白になったと絢の『劉賓客嘉話録』にある。出来すぎた話だが、この『千字文』を今度は隋代になって智永が臨書した。王羲之を臨書したということなのだが、その後の研究によって、智永は集字をしただけではないかということになっている。異説では鐘繇がつくったのだという伝承もある。そうだとすると、韻文が先にあってそれを王羲之が筆写したことになる。
 そのへんの真偽はともかく、この『千字文』が用字習字の手本として大流行し、日本にも届いた。例の百済の王仁が『論語』10巻と『千字文』1巻併せて11巻を献上したという記述が、それである。が、これはあやしい。年代合わせをしてみると、周興嗣が生まれる前のことになる。それでも『東大寺献物帳』には「千字文一巻」の名があるので、聖武期前後には日本でも流行しはじめていたのであろう。
 なんであれ『千字文』は筆と墨の文化をもつ中国でも日本でも、その後ずうっとひっぱりだこだった。書道文化史上、こんな便利なものはめったにないといってよい。だから歴代の能書家もこれを書いた。褚遂良、孫過庭、懐素、趙子昂、文徴明、みんな書いた。日本では巻菱湖、市河米庵、貫名海屋、日下部鳴鶴らのものが有名だ。

 注釈書も写本も驚くほど数多く出た。ヴァージョンがものすごいのだ。おそらく日中の書家たちで『千字文』関連書を手元に3冊以上もっていない者などほぼ皆無であろう。中国では長いあいだにわたって、子供が書道を学ぶための教科書にもなっていた。それは日本でも同じで、ぼくの家にさえ昭和11年刊行の茅原東学の『千字文考正』と翌年初版刊行の高田忠周の『六体千字文』が書棚の隅に置いてあった。
 しかし、『千字文』を手習いのためだけにつかうのはもったいない。むしろ読みこみたい。そのためにできたのが本書のような注解書で、たいそうたのしめる。
 まず文選読みが書いてある。これは、いまは陽明文庫にある近衛家熙の筆写した『千字文音決』にもとづいて読みくだしたもので、最初に紹介したように漢字学習・用語学習・用法学習のいずれの参考にもなる。それが掛け算の九九のような語呂になっているのだから、ちょっとユダヤ教カバラのゲマトリアふうの秘術のように感じられもする。ついで、注釈の含蓄が中国の古典全般を高速に渉猟するようで、これはこれでまことに得がたい。本書では国文出身の木田章義の注釈草稿を、中国語に詳しい小川環樹が徹底して手を入れた。音韻学的にもめずらしいヒントがいっぱい隠れている。
 その小川環樹博士のことは、湯川秀樹さんから聞かされていた。中国音韻学と文字学を研究する「均社」をつくって、いまえろうがんばっとるそうやから、文字のことが気になるんやったらいっぺん覗いてみなさいというのだった。覗く機会はなかったが、そのとき湯川秀樹・貝塚茂樹・小川環樹の“三樹兄弟”の奥の深いすさまじさを想ったものだった。