ほんほん

書物こそ梁山泊である

ほんほん52

◆ミカラデタサビ。いろんなことがミカラデタサビである。できるだけ、そう念(おも)うようになった。齢(よわい)のせいだ。侘びたくもあり、寂びたくもある。とはいえ、読みたい本も言い残していることも、かなりある。
◆コロナのせいにしてからのことか、それともオンラインでそこそこ何でもできると踏んだせいなのか、このところ仕事場に来ない連中が多い。7、8年前から、ずいぶん安易に休むようになっているなと思っていたが、たいていは体調のせいらしく、それならまあ仕方がないかと言い聞かせてきたのだけれど、そんなに休んでいるのにかえって本当に体が悪くなるようで、そのうち病院に行く。そんなことをしていてどうするのかと心配していたら、そこにコロナ・エピデミックが到来して、これらいっさいが正当化されていくように解釈されていった。いや、うちの仕事場だけでなく、仕事相手の職場にもそれを感じる。
◆そんなふうにすることが「働き方改革」やSDGsだと言うのなら、そういう明るいヴィジョンにもとづいた「本位のルール」を遵守する世の中とは、ぼくはとても付き合えない。そういう世なら好きに「世捨て人」していたい。これが高齢特有の老いの繰り言だというなら(まあ、そうだろうが)、それでかまやしない。いやいや、松岡さん、実はわれわれも困っているんです、何かヒントをくださいと言うなら、そういう諸君には21世紀の梁山泊こそがおもしろいということを伝えたい。
◆横尾忠則の『原郷の森』(文藝春秋)が途方もなくおもしろかった。横尾さんの書くもの、たとえば日記や書評もいろいろ読ませてもらったけれど、これはそれらを縦横にまたいだ抜群の集大成の、霊界シンポジウムだった。横尾さんが『神曲』の地獄篇よろしく、ピカソや三島や柴田錬三郎や、川端やデュシャンや日野原センセイや、北斎やキリコやウォーホルと忌憚なく言いたいことを言い合うのである。舞台の仕立てはありきたりなのだが、寄って集(たか)っての座談に加わる参加者たちの発言が本人の主義主張を適確に持ち出しているように横尾さんが仕組んでいるので、霊界シンポの議論のやりとりは、どこもかしこも本位を抉(えぐ)った芸術論としても危機を突く文明論としても、格別だった。なるほど、老いの繰り言はこういうふうに繰るとよかったのか。
◆ポール・デイヴィスの『生物の中の悪魔』(SBクリエイティブ)は、情報生命を解いて出色。生命史にひそむデーモンと情報との一蓮托生を、ここまで迫った試みは少ない。
◆森山未來くんと話した。東京オリンピック開会式の「2分間のソロダンス」があまりにすばらしかったので、遅ればせながらこちらから声をかけ、本楼に出向いてもらって話しこんだのだが、3時間ほどずっと喋りづめだったのに、一分の隙もなかった。いや、というよりも、その「一分の隙」にささっと詰めてくる言葉が高速で、すこぶる刺激に富んでいて、なんとも嬉しかった。この男、すでにしてそうなっているだろうが、さらにそうとうのアーティストになるだろう。
◆末木文美士(すえき・ふみひこ)の本を片っ端から読んでいる。読んでいるだけでは足りなくて、三井寺で2年にわたって末木さんに話しをしてもらうことにした。「還生(げんしょう)の会」と名付けた。日本仏教とはどういうものかを語ってもらう。三井寺の福家長吏とともにぼくが聞き手になり、石山寺の鷲尾座主以下の参加者にコメントをしてもらう。東京でも開くつもりだ。近江ARSのメンバーは、全員が『日本仏教入門』(角川選書)を事前共読をした。ぼくはいま、本気で仏教を一から学びなおしたい。
◆こちらは自分の欠陥を補うためだが、ほったらかしにしていたカール・バルトの読み、および内村鑑三とカール・シュミットの読み直しも始めた。危機神学と境界心性とアルチザン政治学を少しばかり体に突き刺しておくためだ。宗教と政治はもとより裏腹で、その裏腹がいまやかなり薄氷のように表裏一体になってきた。どちらがどちらを破っても、何かが波及していくだろう。この脆い関係は国連やSDGsではどうにもならない。あと十数年以内に、表裏一体が世界を惑わせていく。
◆山本耀司の次の秋冬メンズコレクションの招待状は、黒とアイボリーのトートバックに印刷されている。それがこともあろうに、ぼくが以前に書いた「日本はクソである」という一文なのだ。そんなことをしてショーを愉しみにくるお客さんたちはきっと困るだろうに、ヨウジはそういうことをする。どんな服をどんな男たちが着てお披露目されるのか知らないけれど(だから、こっそり見にいくが)、きっとそこは一陣の風が擦過するような梁山泊になっていることだろう。
◆千夜千冊が1800夜になった。23人のファッションデザイナーを扱ったスザンナ・フランケルの『ヴィジョナリーズ』(Pヴァイン)にした。20年前の本だけれど、世界のモードデザインはそこで止まったままなのである。リアルクローズが蔓延したというよりも、ユニクロが勝ったのだ。
◆故あって高倉健の生きざまとインタヴュー映像を追っている。しばらく健さんと向き合っていると(たとえば『ホタル』映画化についての呟き)、当方、とても深い溜息が出るので困っているが、世の中の「稀有」や「マレビト」とはどういうことかを感じるには欠かせない。
◆もうひとつ、追っていたものがある。甲本ヒロトだ。ブルーハーツからクロマニヨンズまで、年嵩(としかさ)がいってからの心境の吐露なども、あらかた見た。頷けたこと、少なくない。真島昌利が鍵、甲本が鍵穴である。
◆次の千夜千冊エディションは『読書の裏側』だ。何をもって裏側としたのかは手にとって確かめられたい。第1章が「配剤を読む」。何を配剤と見ているのかを感じられたい。口絵に町口覚さんのディレクションで、製本屋の圧搾機が登場する。書物はもとよりフェチの行方を孕んでいなければならない。書物こそ梁山泊である。

> アーカイブ

閉じる

エスケープ・ヴェロシティ

マーク・デリー

角川書店 1997

Mark Dery
Escape Velocity 1996
[訳]松藤留美子

 国防省のアーパネットがインターネットに突然変異して奇妙な自律リズムをもちはじめたころ、アメリカの若者たちはそこへ行ってくることを“there”と言った。そして、できればそのときにサイバーデリック・カルチャーのエスケープ・ヴェロシティ(脱出速度)を感じたい、そこにできるかぎり凝りたいと考えた。そう感じた若者や少年少女は、そのまま濃度の深いネットジェネレーション時代に突入していった。
 本書は「われらは生きるために自分に向けて物語を語る」というサイバーエゴの視線で綴られている。これはもともと英国ジッピーたちが言い出した哲学だった。ジッピーとは東洋の禅に触発されたペイガン・プロフェッショナル(職業的異教徒集団)のことをいう。そこに電子製のネットがつながった。電気羊がアンドロイドの夢を見たのだ。こうして“there”ができた。だからパソコンはかれらにとっては最初からスマート・ドラッグなのである。合言葉は「ターンオン(覚醒せよ)、ブートラップ(起動せよ)、そしてジャックイン(没入せよ)」である。
 そのために動員されたサイバー・シソーラスはおびただしい。この本一冊がまるまるサイバーデリアで、電子認識増強剤のようでもある。だから本書には、これまで千夜千冊でとりあげてきた本のなかではあまりお目にかかれない情報感覚と用語感覚が洪水のごとく溢れている。ここではそのサイバー・シソーラスの切断面だけを紹介することにする。

 登場するのは「テクノ異教主義」である。
 そもそもスティーヴ・ジョブズがインドに行き、LSDに耽っていた。そこに人間機械共生系とウルトラヒューマニティと電子アシッド系とカウンターサイバネティクスとが加わった。ようするに情報生命オタクだ。
 ただし、ここまでだけならMac神話の創生期とあまり変わらない。インターネットとマルチメディアがネット合金のアマルガム状態になり、ウェブサイトに企業のHPから自殺志願者のHPの“現実”までが遠慮会釈なく入りこむようになってくるはずだ。そうなると、その“現実”とは異なった“new there”のためのメタフィクションが必要になる。そのメタフィクションは新たなテクノグノーシスを伴ったサイバーパンクな感覚を、意識と技術の相互におよぶリバースエンジニアリングで補強したハイパーコミュニティの登場というものになるだろう(このカタカナの放列、意味わかりますか。でも、本書はこういう調子なんである)。
 ただし、お手軽オンデマンドな宇宙意識とやらだけは避けておきたい。それはあまりに安直だ。なぜなら神話学者のジョゼフ・キャンベルがデストクップ・コンピュータを手に入れたときすでに、キャンベルはこのマシンのことを「たくさんの規則をもつが、慈悲はもたない旧約聖書の神」と呼んだものなのだ。むしろこのマシンは「ハイパーインストルメンタル」とでも呼ばれるべきものだった。

 それでは、このマシンとネットワークの間を好む住人たちは、いったいどういうヴェロシティ(velocity)が好きな部族なのか。どんな速度に酔いたいのか。
 この部族はナード(おたく)であって、ロッカーハッカーであって、モーフ(MorF)であろう。これらは場当たり主義と共感呪術派ではあろうが、必ずしもテクノラディカルとはかぎらない。科学者にまではなりたがらないし、その能力もない。いずれにしても大半が中途半端なテレプレゼンスな存在で、いっぱしのインフォノート(情報飛行士)気取りなのである。
 けれども、かれらはすでにMUD(マルチ・ユーザー・ダンジョン)の脱出速度を感じてきた連中でもあった。またMUSE(マルチ・ユーザー・シミュレーション・エンバイラメント)にそこそこ飽きた連中だった。それよりもテキストセックスをしたがっている。画像複合融合に飢えている。かれらは動かずしてアーバン・サージェリー(都会的手術性)に手を出したくてうずうずしているわけで、その手法の数々を、たとえていえばリッパー(切りさく)、ピールアウェイ(剝ぎとる)、バストアウト(割りきる)をどのように使おうかという、禅機をもって待っているわけなのだ。
 そのくせウィリアム・ギブスン原作の『記憶屋ジョニイ』(ロバート・ロンゴ監督《JM》)に出てくる部族のように、ローテク・ルンペンでもありたい、オートエロティシズムに酔っていたいという願望もある。そこは平気で矛盾したままなのだ。勝手なのである。
 奇妙なことだが、そしてこのへんはいささか愉快だが、この記憶と再生の「あいだ」にとどまりたがる世界の住人たちは、ネットワーク部族主義で、自動ミラーリング主義であって、かつトランスグレッション主義(境界侵犯好き)なのである。

 話は以上だ。
 以上だが、このように本書のそこかしこの情報速度の断片を粗雑につなげてみると、はてさて、このようなサイケデリック・スペースを自分の脱出速度を感じるところだとみなす非局所的電子網文化というものが、はたしてかつてのダダや未来派や人工知能を超えるものなのかどうかというと、いささかあやしい感じがしてくる。そのひとつの象徴が、本書の最後に出てくる「ダウンローディング」という提案だ。
 これは、カーネギー・メロン大学モービルロボット研究所の所長ハンス・モラヴェックが提唱したもので、コンピュータ・ネットワークに人間の意識をダウンロードしようという綿密なプランのことである。
 モラヴェックはマーヴィン・ミンスキーに似て、人間と機械のちがいは計算機の速度の問題と考えている。マシンヴィジョンにおける着目点高品質化(ROI)の技法を開発した。したがって、モラヴェックの計算によると、10兆個の命令を1秒で実行するシステムができればダウンローディングはおこるはずだということになる。
 ダウンローディング派は自信があるらしい。ポスト進化論はここからしかおこらないとも考えている。
 それかあらぬかモラヴェックの『電脳生物たち』(岩波書店)や『シェーキーの子どもたち』(翔泳社)はよく売れた。ぼくもけっこう愉しんだ。それもあってのことか、ロスアンジェルスを中心にしだいにファンをふやしているともいう。「エクストロピー」という機関誌もできた。そして、ダウンローディングができるなら、逆に、ウェブの世界を脳の方にアップローディングもできるはずだなどとも考え出した。そう、本書の著者のマーク・デリーは伝えていたのである。
 しかし、はたしてどうなのか。サイバーパンクそのままに、意識まるごとジャックインというのは、いささかシェーキー(スタンフォード大学が60年代後半に開発設置した初期AIロボット)の父権像を過信しすぎているようにも見える。エスケープ・ヴェロシティが、結局はダウンローディングだという結末は、申し訳ないけれど、いささかつまらない。本書はやはりサイバー・シソーラスを遊ぶための本なのである。