福田恆存
私の國語教室
新潮社 1960 文春文庫 2002
ISBN:4167258064

 かねて福田恆存では『日本を思ふ』や『日本への遺言』をとりあげやうと思つてゐたのだが、ぼくの今日の体調からして、なんだかかういふときは、前に進むよりは後ろ向きにラディカルであることのほうがいいかと思ひ、かつて文壇に衝撃を与へたこの本の感想を綴ることにした。
 本書は、いま日本列島を制圧してゐる「現代かなづかい」の度難ひ迷妄を詳細かつ徹底して衝いたもので、たいへんな名著でありながら、その後はまつたく読まれてこなかつた。そればかりか、この本に指摘されてゐる重大思想を別のかたちで継承する者もほとんどいないといふ有様で、たとへば丸谷才一のやうにみづからこの思想を実践してゐる人を別にすれば、いつたい福田恆存がなぜにまたこんなことを書いたのかといふことさへ、ついに忘れられてしまつたといふ不幸な名著でもあつた。
 不幸な名著であるのは、この本が昭和35年に新潮社から刊行され読売文学賞を受賞したのち、新潮文庫、中公文庫と引越し先を移して収められたにもかかはらず、なぜか次々に絶版となり、やつとこのたび文春文庫に入つたといふ運命にもあらはれてゐる。

 敗戦直後の昭和21年11月16日のこと、「現代かなづかい」と「当用漢字」に関する忌まはしい内容が内閣告示された。いはゆる「新かな・新字」の指令である。
 この日は憲法の公示から13日目にあたつてゐて、いはば時を同じうして戦後日本人は憲法と国語の強い変更を迫られたわけだつた。その後も国語審議会を中心に「国語改革」は次々に実行され、この勢いには誰も抵抗できないといふ情勢だつた。
 そこに敢然と一人立ち向つたのが福田恆存で、執拗に国語改良に批判を加へていつた。福田の怒髪天を衝く猛威に大半が怖れをなしたなかで、さすがに反論を買つて出た金田一京助との論争も、当時は話題になつた。しかし多勢に無勢、そこで福田恆存は論争にとどまることなく、国語問題協議会も組織して、その後もたへず日本語の標記を正統表記に戻すことを訴へつづけた。

 かうしたゲリラ戦線とでもいふ闘ひのなか、福田は、たんに歴史的仮名遣ひ(旧仮名づかい)に戻すことを主張するだけではなく、「現代かなづかい」の矛盾も暴いていつた。
 そもそも「現代かなづかい」は現代人が慣行してゐる発音に従つて表記しやうといふもので、「おめでたう」を「おめでとう」に、「キウリ」は「キュウリ」に、氷は「こおり」とする方針になつてゐる。しかしそれならなぜ、扇を「おおぎ」でなく「おうぎ」とし、狩人を「かりゅうど」でなく「かりうど」としたのか。かういふ矛盾がいつぱいにある。
 もつと決定的なのは「私は」「夢を」「町へ」の「は」と「を」と「へ」だけは残したことである。それを残すなら、なぜ他の大半の表記をことごとく“表音主義”にしてしまつたのか。どうにも理解できないといふのが福田恆存の出発点なのである。
 われわれはいまでも、「こんばんわ」なのか「こんばんは」なのか、いつも迷わされてゐる。その一方、おそらくは椎名誠や糸井重里などが流行らせたのかとおもふのだが、「と、ゆーよーな」とか「ふつーの人々」といつた表記が乱舞する。
 しかし、問題はそのやうな出発点にとどまらない。ここには深い問題が横たはつてゐる。

 福田恆存は「語に随ふ」といふことを訴へる。これが基底の考へ方である。同じイの音だからといつて何でもが「い」になつていいわけではなく、石は「いし」、井戸は「ゐど」、恋は「こひ」であることの重要性を訴へる。
 「おもひ」(思)と「おもい」(重)はこの仮名遣ひによつてこそ意味をもつ。それでピンとくるものがある。かういふ感覚が日常の眼と耳の関係にしだいに鍛へられてこそ、日本語の音読と黙読との本来の関係が保たれ、それが本来の表記として維持されるはづなのである。それで初めて、たとへば「くらゐ」(位)、「しばゐ」(芝居)、「まどゐ」(円居)、「もとゐ」(基)などが、ひとつの同じ「ゐ」の世界をもつていることにも気がつけるのである。さうでないと、出雲は「いづも」であって「いずも」では決してないこと、小豆はあくまで「あづき」であり、梓が「あづさ」で、静御前は「しづか」でなければならない感覚が養へない。
 ぼくもいつも困るのは、たとへば「訪れ」は「おとづれ」と綴るからこそ、そこは「音連れ」といふ文字が見へるのであつて、これが最初から「おとずれ」では、古代も依代もヒモロギもサナギもなくなつてしまふのだ。

 福田恆存は何もかもを旧仮名遣ひにしなさいと言つてゐるわけではない。ここでは省略するが、それなりの法則をつくつてもいいと考へてゐる。
 しかし、本書を通してむしろわれわれが考慮するべきだとおもふのは、このやうな仮名遣ひの問題を内閣や文部省の上からの指令で無定見に守らうとするのではなく、またそれに従ふマスコミの表記にいたづらに溺れることではなく、かういふ指令の前でしばし立ち止まり、これを機会に日本語の仮名遣ひの歴史や変遷や、その奥にひそむ日本語といふものの本体の意味を考へてみるといふことなのである。
 いま、「あやふい」(危)を「あやうい」と書く。たしかに「危い」はアヤウイと発音する。しかし、「危む」はアヤブムと発音するから「あやぶむ」と綴れば、なんだか何かを踏んでゐるやうである。かういふ矛盾がいくらでもおこる。福田はこれに耐へられなかつた。それなら、「危い」にはもともと「ふ」が入つてゐたのだから、それを継続させておいたほうがいいはづなのだ。
 われわれは古来、「ふ」をそのやうに時に応じていろいろの発音に変化させてきた能力をもつてきたのである。だからこそ「てふてふ」をチョウチョウと読めたのだ。それが「ふ」は「フ」でしかないとしてしまつては、何かが抜け落ちていく。

 ぼくは「いろは歌」をたいさう愛してゐる者である。
 「色は匂へど散りぬるを」では、色即是空から諸行無常までが六曲屏風の折りごとに見へてくるし、「わが世たれぞ常ならむ」からは大原三寂や誰が袖屏風がすぐ浮かぶ。「有為の奥山けふこえて」はただちに数十首の和歌とともに蝉丸も花札もやつてくる。最後の「浅き夢みしゑひもせず」はまさに百代の過客としての芭蕉をさへおもふ。
 かうした「いろは歌」から旧仮名遣ひを奪つたら、何が残るであらうか。何も残らない。「匂」が「にほふ」であつて、「ゑひもせず」が「酔ひもせず」であることが重要なのである。
 本書は、実のところは福田恆存が得意とする馥郁たる文体で綴つたものではなく、国語審議会を相手にまはして憂慮に暮れずに実際の戦闘を挑んでゐるものなので、どちらかといへば実用の文章になつてゐる。それゆゑ、もつと福田恆存らしい憂慮を感じたければ、『日本を思ふ』や『日本への遺言』を読んでもらつたほうがいいだろうと思ふ。
 しかし、一人の文学者が一国の国語問題に立ち向かふという壮挙を知るには、われわれは彼の地のドレフェス事件の記録ばかりでなく、ときにはかういふ本にも目を通すべきなのである。
 後ろ向きにラディカルであることは、かつてマルクスが「後方の旅」と呼んだものであるけれど、現代保守思想の代表といはれた福田こそはマルクスの意思を知つてゐた人でもあつた。

コメントは受け付けていません。