レフ・トロツキー
裏切られた革命
改造社 1937 論争社 1959 現代思潮社 他 1980
ISBN:4003412710
Leon Trotsky
The Revolution Betrayed 1936
[訳]山西英一

 トロツキーという名前とトロッキズムという言葉は同時に入ってきた。早稲田に入る前に早稲田に通っていたころ、誰かから聞いたのだとおもう。
 最初に『文学と革命』を、ついで『永続革命論』を読んだのだったか、どうか。そのあと現代思潮社から対馬忠行らの努力によってトロツキー選集が出はじめて、それを刊行順に片っ端から見るのだが、そこに『裏切られた革命』が入っていなかったので、高田馬場の古本屋で本書を見つけたのだったとおもう。
 すでに早稲田には反スターリニズムの怒号が吹きすさんでいたので、本書の内容に驚くことはなかった。むしろトロツキーの生涯やその時代の凄惨な歴史に驚かされたのは、アイザック・ドイッチャーの3部作に出会ってからのことである。

 トロツキーは1935年に亡命先をフランスからノルウェーに移して、そこで本書を書いた。もとより執筆能力の旺盛なトロツキーだったので、あっというまに書き上げたかとおもう。原題は『ソ連とは何か、そしてどこへ行くのか』というものだった。それがフランス語版で『裏切られた革命』になったのを、トロツキーも承認したらしい。
 このタイトルは、本書執筆の翌年の12月にスターリン憲法が制定されたことをおもうと、まさにふさわしい。トロツキーが本書で言いたかったことは「ソ連には社会主義はまったく存在しない」ということだったからである。

 トロツキーは本書を書いた5年後の1940年に、メキシコ郊外でピッケルで脳天を打ち砕かれて死んだ。スターリンの指金であることが明白になっている。
 スターリンは最初はシケイロスを隊長とする20名ほどの暗殺団にトロツキーを狙わせた。しかし、これは失敗した。ダヴィド・シケイロスといえばメキシコを代表する画家であるが、第二次世界大戦中の当時は画家が暗殺を計画するような、そういう行方知らずの情勢だった。メキシコばかりのことではない。このあたりの情勢はあまりに複雑すぎて説明しきれないが、たとえば、トロツキーはシケイロスに狙撃される前はフリーダ・カーロの「緑の館」に隠れていて、そこは画家のディエゴ・リベラが譲ったものだった。革命画家たちのあいだも割れていたわけである。
 それはともかく、何であれシケイロスは失敗した。そこでスターリンは、トロツキーの女性秘書の恋人役になりすました青年暗殺者を送りこむ。青年は首尾よく60歳のトロツキーの脳天をかち割った。トロツキーはこのテロリストをすっかり信用していたらしい。遺言は「第4インターナショナルを前進させてほしい」だった。

 この最後の死にざまだけを見ても、トロツキーの人生が狂ったような意外性に富んだ生涯だったことの見当がつく。ただし、ここでその劇的生涯を追いはじめたら、これはキリがない。いつかまた別の書物の紹介のところで、案内したい。
 ともかくも最初はシベリア流刑と脱走が、次にはレーニンとの共闘と対立が、ついではトロツキーが組織した赤軍の闘いが、そして最後にはスターリンの「一国社会主義論」とトロツキーの「永続革命論」との決定的対立が、トロツキーをして20世紀史上最も過激な人生を送らせることになったのだった。

 トロツキズムやトロツキストというものは、こうしたトロツキーの見果てぬ夢を追うという感慨に、どこかつきまとわれている。
 しかもそこには、「革命と反革命」「一国ローカリズムと世界インターナショナリズム」「前衛と後裔」「革命的独裁主義と革命的民主主義」「官僚群と労働者」「一時性と永続性」「忠誠者と反逆者」といった、一筋縄では議論しきれない巨大で深遠な対比項が渦巻きつづけていた。トロツキー自身がそのようなリミナルな極限状況を好んで革命思考をしたせいでもあった。
 だからトロツキーが暗殺されたのは、どこかで誰もが予想していた悪夢でもあったのだろうとおもう。トロツキーは最初から最後まで、裏切られた革命者であったのである。

 本書には、早稲田時代にぼくが2Bだかの鉛筆で引いた傍線がのこっている。
 それを見ると、ぼくはトロツキーの「複合的発展の法則」という言葉にずいぶん関心を寄せている。また「過渡期の制度」とか「文化的創造」といった言葉にもかこみがついている。懐かしいといえば、懐かしい。

参考¶トロツキー『裏切られた革命』は最近になって岩波文庫に藤井一行訳が入った。山西訳とどちらがいいかはわからないが、さっと見たかぎりはわかりやすい翻訳になっている。もっとも山西にはトロツキーの『ロシア革命史』という名著の翻訳があって、ぼくの知るかぎりは、これがいまも定番になっているとおもう。トロツキーの劇的な生涯については、トロツキー自身の『わが生涯』を読むのがいいが、日本人では菊地昌典が講談社の「人類の知的遺産」シリーズに書きおろした『トロツキー』がわかりやすく、トロツキー評伝に関する周辺の事情もよく視野に入れている。

コメントは受け付けていません。