トニー・ウィリアムズほか
ペンギン大百科
平凡社 1999
ISBN:4582518141
Tony D.Williams
The Penguins Spheniscidae 1995
[訳]ペンギン会議

 誰もがそうだろうが、子供のころにペンギンを知ったとたんにペンギンが好きになった。それが何歳くらいのことだったかはわからないけれど、同じころ、キリン、ライオン、カメ、フクロウ、オランウータンが好きになった。妹と遊ぶときは、よくこれらの動物になった。いまとなってはこういう動物を好んで選んだ理由はまったく推理しようもない。
 ペンギンはなかでもお気にいりだった。サンスターだったかのラジオ・コマーシャルでペンギンの歌があったのも影響があった。そのペンギンを邪険に扱うことは子供心にも許せなかった。
 いまから十数年前のことだが、そのときはもはや子供心ではないのに、エルトン・ジョンがペンギンの恰好をしてピアノの前に坐って歌い出したときに、かなりムッとした。そして、そんな自分に驚いた。えっ、俺はペンギンの何なんだ、身元保証人か、という感じである。もっと滑稽なのは、『バットマン・リターンズ』にペンギン男が出てきたときで、これは映画館ですっくと立ち上がってプロテスト・ポーズをしたくなっていた。
 こんなことだから、ここから先はたんなるペンギン自慢の親バカチャンリンのようなもの、みんなにペンギンを褒めてほしくて綴るだけのことである。

 鳥は9000種いる。ペンギンはそのうちの6属18種ないしは25種。そのすべてが空を飛べない。なのに海鳥なのである。ペンギンは、まず、この鳥としての特異性がいい。空を飛ばないのにあんなに愛嬌があるなんて、西側社会に共通するイカロス伝説すら通用しないということなのだ。
 その20種前後のほとんどのペンギンがほぼ似たような黒と白のツートンカラーであることは、たとえばキノコがだいたいキノコ型であることに似て、いかにもペンギンをペンギンらしくしている。たとえばサルは、サルらしくないものまでがサルである。サルとネズミの区別がつかないものもいる。その点、ペンギンはすべてがペンギンらしい(何も説明していない自慢だけれど、やはりこう言いたい)。
 ペンギンのディスプレーには他の動物と同様に各種のものがあるが、その中心に「おじぎ」があることが、これまたペンギンをペンギンにさせている。むろん礼儀を心得ているわけではないが、すべてのペンギン種において「おじぎ」は絆を強化する機能をもっているらしく、そうだとすれば「おじぎ」はやはりペンギンのメインマナーなのである。
 ペンギンは絶食ができる。40日間にわたる絶食が記録されたこともある。これは愛嬌があるとか、可愛いというだけではなく、もはや偉大である。偉い動物なのだ。節食・節力型なのである。
 こういうふうに見てくると、泳ぐと自分のまわりに乱流をつくるなんていうこともペンギンを誇り高い動物にしているということになる(これはイルカも同じだが)。加えて長期にわたって一夫一妻制を守っていることは、ぼくには解せないことだが、これも誠実な生物だということで大目に見ることにする。

 ペンギンは白亜紀の1億4000万年前から6500万年前に出現した。南半球のどこかで進化した。
 ルーツはおそらくウミツバメかウミスズメのたぐいだろうと見られている。ようするに越冬ツバメなのである。その生きものとしての形態は南大洋の水温の寒冷変化と関係がある。
 たとえば羽毛は見た目よりもずっと堅く、先がとがった槍のようになっている。が、その根元は細かい綿毛がびっしりついていて、そこで保温機能がはたらく。こういう羽毛を陸と海中でつかうので、陸ではフリッパーの羽毛が1本1本自在に起きて寒気を調整し、交尾や産卵などのときには羽毛がかぎりなく寝かせられるようになった。一方、海中では羽毛をかぎりなく圧縮させ、皮膚が濡れるのを防げるようにした。そのためにはフリッパーを入念に羽繕いすることによって羽毛に油脂をまんべんなくつけていく。大量のペンギンたちがコロニーとなって愛らしい姿を見せているのは、たいていはこの油脂供給の羽繕いのための光景である。
 そうしてみると、ペンギンは体のすべてが保温器であって放熱器であり、温度交流機構だということになる。

 ペンギンはイルカ泳ぎもできる。アデリーペンギンやマカロニペンギンがドルフィンキックさながらに次々に波間を飛んでいくときは秒速3メートルになる。
 こうして餌をとる。それでも餌が見当たらなければ潜水泳法に切り替える。このときは水面で反射する光を立体視する。眼球の中に水様液があって、これがステレオグラフのためのレンズになるため、反射光を入れる必要があるからだ。そのためペンギンが海中深く潜るということはない。あくまで水平移動に賭けている。
 そこで、イルカなどとはちがった流体力学がそこにおこっているだろうということで、最近はペンギンをモデルにモーターボートなどの船舶設計をする連中もあらわれた。生物ロボットとしてのペンギンである。
 ペンギンは共同保育所をもっている。これはクレイシとよばれているもので、ヒナが集まってくる。もともとペンギンは巣の中で育つのであるが、ヒナはすぐによちよちと歩き出す。このとき敵に襲われることがある。そこで、ヒナたちばかりが集まって、保育係のペンギンおばさんに見守られて遊ぶ。親たちはそのあいだは安心して海に餌をとりにいく。そういうクレイシができている。どうやらペンギンにはワーキング・シェアの知恵がそうとうにはたらいているようなのだ。

 さて、これほど人気のあるペンギンなのに、その研究は実はあまり進んでいない。南極をはじめ、研究者がこぞって観察保護するのが難しいからである。なにしろすべては氷の上なのだ。
 1975年にイギリスのバーナード・ストーンハウスが『ペンギンの生物学』を編集したのをきっかけに、やっと1988年にニュージランドのダニーデンで第1回国際ペンギン会議が開かれたのをもってペンギン研究元年とするくらいだから、まだ10年程度の蓄積なのだ。
 本書は、このダニーデンのペンギン会議で初めて顔をあわせた研究者たちが協力して編集した“ペンギン尽くし”で、日本で手に入る唯一の本格的なペンギン生物学の本。“ペンギンまぎれ”になるにはこの本に溺れることである。

コメントは受け付けていません。