ハインリッヒ・ハイネ
歌の本
岩波文庫 1950
ISBN:4003241819
Heinrich Heine
Buch der Lieder 1827
[訳]井上正蔵

 ぼくにとって、ハイネはまだ謎の中にいる。
 たとえばハイネはどう見てもニーチェをはるかに先行していた世界分析者であったが、なぜハイネがそこまで到達できたのかはぼくにはわかっていない。
 また、ハイネはイプセンやトーマス・マンをぞんぶんに先取りしていたが、そのようにハイネが天才的な文章力を発揮できた理由が見えてこない。さらにハイネはマルクスの思想やマルクスのドイツ論とかなり重なるものをもっていたが、そのようなハイネをハイネ自身が脱出していった明確な理由も見えてはこない。

 おもえば、生田春月だか片山敏彦だかが訳したハイネ詩集をもって雨の甲州路を一人で旅をしていた高校時代が懐かしい。あのころは、ハイネもバイロンもヘルダーリンも、キーツやランボーやクロスやコクトーさえもが一緒くたに読めた。それでべつだん、何も問題はなかった。
 やがて『歌の本』でデュッセルドルフのハイネがハンブルクのアマーリエに捧げる愛の詩の意味を知ったときは、ぼくは自分が恋をしていたのは従妹だったことに気がついて、その詩を暗唱しようとさえしたものだった。アマーリエはハイネの従妹であり、ぼくに最初に恋心を告げたのも従妹だったのである。しかし、従妹の自殺とともに、ぼくの「若き悩み」は変質していった。

 それが長ずるにしたがって、しだいにハイネの謎がひとつふたつとふえてきた。詩人の素性や思想を知ることは、ときにそんなことを知らないときより悩ましい問題をもたらすものであるが、ハイネのばあいもそうだった。
 ことに青春とともに盂蘭盆の精霊流しのごとく送り出してしまったつもりの詩人が、ぼくの思想にもどこかで関係しそうな問題をかかえていたということを知ることは、辛いことである。辛いというより、困ったことなのだ。こうして、ハイネが恋愛詩人であったのは、ぼくの学生時代までで終わってしまっていた。

 ハイネの謎は、いろいろある。いちばん厄介なのはハイネがかかえたユダヤ人としての血の問題である。
 こんなことはぼくには関係ないはずなのだが、マルクスやサルトルのユダヤ人問題をめぐる議論を読んだ大学生のころの読書体験が深かったせいで、その後、ハイネがユダヤ人問題に悩んでいたことを知ってショックをうけた。
 厄介ではないが、ぼくがもっと知りたい問題として、ハイネにおける革命の問題が浮上した。ハイネには「おそらくすべての革命家のうちで最も断乎たる革命家である私」という有名な自己規定があるのだが、ぼくにはハイネになぜそんな自信が湧いていたかということが謎だった。1830年のパリ七月革命に魂を震わせたハイネはすぐにパリに移り住んで、心の中では祖国ドイツにおける革命を確信していたのである。そこはマルクスとほぼ同じ判断をもっていた。しかしハイネは結局は「革命」も「政治」も振り切った。
 ハイネとマルクスの関係にも謎が多い。1843年にハイネがパリでマルクスに会って以来、二人のあいだには互いに崇敬の念が交感されている。マルクスはハイネの詩魂に感嘆し、共感した。ハイネの「貧しき職工」の詩がマルクスに与えた影響も多くの研究者がいまだに追っている。二人はともに「惨めな祖国ドイツ」を変えようとした。おそらく『ドイツ・イデオロギー』にもハイネの『ドイツ冬物語』の痕跡を認めることが可能であろう。
 けれどもハイネはマルクスとは決定的なちがいをもっていた。世代のちがいだけではない。ハイネは革命理論をつくるよりも、革命詩人だけをつくりたかったようなところがあったのだ。

 まだ、ある。ハイネはなぜ北海の孤島ヘルゴラントに籠もったのか。やはり「祖国脱出」だったのだろうか。
 それからハイネがゲーテを自分とは異質な人と見ただけでなく、互いに反発する者ととらえたことも気になってきた。ハイネが75歳の老ゲーテに会ったのは24歳のときである。しかし、それ以来というもの、あれほど熱烈だったゲーテ信奉が消えていく。消えたばかりかゲーテに対する反発になった。
 このことに関連するが、ハイネがノヴァーリスよりもホフマンを評価していた理由も、わかるようで、わからない。ハイネの言葉によれば、ノヴァーリスは「その観念の産物とともにたえず青い空中に漂っている」が、ホフマンは「奇態な化け物たちと一緒ではあってもたえずこの世の現実にしがみついている」からだという言い分だ。ハイネらしい見方である。
 けれども、ぼくにはどう見ても、ハイネがロマン主義を捨てたとは思えない。ハイネは最後にコミュニズムの未来になにがしかの可能性を託するのだが、そのときロマン主義の真の復活も同時に望んだはずなのだ。このことは1855年の『ルテーツィア』の序文にあらわれている。

 こんなぐあいで、ぼくにはハイネを掴めきれないところがいっぱいある。『歌の本』が「ローレライ」などによって語られてよかった日々は、もはやぼくにはなくなってしまったのだ。
 代わって謎多き男としてのハインリッヒ・ハイネが立ちはだかっている。そのハイネは近代人の多様な原型としてのハイネなのである。けれども立ちはだかっているだけで、謎はいっこうに溶け出さない。溶け出さないのに、目が外せない。とくにユダヤ人としてのハイネの問題など、ほとんどアプローチが止まったままなのに、その止まりかげんにおいて、ハイネに眼が合ってしまうのだ。
 それでも『歌の本』の中の「帰郷」はいまでもぼくの“歌の本”になっているし、『ロマンツェーロ』などはときにノヴァーリスやゲーテを越える作品に見えるときがある。つまりぼくにおけるハイネはあまりにも矛盾しすぎてしまった魂なのである。

 いったい、なぜこのようになってしまったのか。これはハイネがそもそももっているものがぼくに付着しただけなのか。そこもわからないという体たらくである。
 しかし、わずかにそのようになった理由を感じる符牒がないわけでもない。それは、近代の日本人がハイネをどう読んできたかということに関係している。

 ハイネの謎をぼくが考えるようになったのは、明治や大正の日本人の考え方をぼくが考えるようになってからのことだった。それ以来というもの、少しずつではあるが、ハイネの生き方とハイネの捉えられ方の関係が新たな問題になってきた。
 いろいろ覗いていて驚いたのだが、明治期にハイネを訳したり、論じた者たちの数はものすごく多いのだ。森鴎外・尾上柴舟・上田敏・生田春月は訳し、田岡嶺雲・高山樗牛・生田長江・橋本青雨・佐藤春夫らはハイネに突入していった。が、そのくらいのことならまだしも秀れた海外詩人の紹介ということですむ。が、これらのハイネ参入ブームとでもいうものは、どこかでハイネによって日本人が日本人であろうとしていくことの情熱の論理の借用証のようなところが感じられるのだ。

 おそらく萩原朔太郎の『ハイネの嘆き』を読んだのがいけなかったのであろう。
 朔太郎が嘆きとよんだのは、『歌の本』の序文にある「かつて美しい花火遊びで人々をよろこばせた火はなぜ突然に由々しい火災のためにつかわれざるをえなかったのか」という嘆きである。
 朔太郎はそれを啄木の詩魂にむすびつけ、はっきりそう指摘したわけではないのだが、啄木における師の与謝野鉄幹をハイネにおけるシュレーゲル教授に、明星派をロマン派に見立てた。のみならず啄木が社会主義に傾倒していった気持ちとハイネのコミュニズムへの傾倒を比較した。さらには、かつての日本の詩人で「唯一のヒューマニストは啄木だけだった」と言って、暗にハイネにおけるヒューマニズムを持ち上げた。
 こういう論法は困るのである。啄木論でもないしハイネ論でもない。それなのに、単独な批評よりずっと啄木とハイネを重ねる力をもっている(啄木がハイネを愛読していたことは、友人の金田一京助が『歌の本』を送ったことでもはっきりしている)。が、まあ、これは朔太郎得意の詩情の論理というものだから、まだ矛盾してくるわけではない。借用証としての罪も少ない。
 しかし高山樗牛が書いた『南洲とハイネ』はどうか。これは西郷隆盛とハイネの比較であって、かなり無理がある。しかも樗牛は、この文章を西郷隆盛の銅像建立に反対するために書いた。ということはハイネは国民精神に反する詩人として象徴されたのである。ここに日本人とハイネのツイストした関係があらわれる。

 やや複雑な事情になるが、樗牛は西郷やハイネを批判したのではない。西郷の持ち上げ方に文句をつけ、それと同様なことがハイネの持ち上げ方にあるというふうに言いたかった。
 実はハイネの著作物は神聖同盟の宰相メッテルニヒによって弾圧され、ビスマルクによって発禁された歴史をもっている。ところが二人ともがハイネの愛読者でもあった。それでもメッテルニヒやビスマルクは、ハイネがもたらす「間違った熱狂」を国民に知らせたくなかったのである。
 これはひどく歪んだ精神である。歪んだ精神なのだが、裏側から見ると「ハイネという社会性」をストレートに見ているという面もある。同様に、樗牛は西郷を西郷として議論しきれずに西郷の銅像に反対することで、西郷を擁護しようとした。それをこともあろうにハイネを借用して議論しようとしてみせた。これも歪んだ見方である。こんなことでは西郷もハイネも見えてはこない。
 けれども、ハイネに対する見方には、必ずこういう見方がつきまとう。そして、その歪んだ見方は近代の日本人にはまさにそのまま覆いかぶさったのである。

 佐藤春夫もハイネに入れあげた。柳田国男がハイネを読んで国民的な感情をゆさぶられたこともよく知られている。これはたしか橋川文三が最初に指摘したことだった。
 こういうことを言い出すとキリはないのだが、ともかくも近代の日本人が感じたハイネの呪縛から、ぼくも逃れえていないようなのである。
 ハインリッヒ・ハイネ。ここには革命と愛と祖国愛をめぐる最も濃厚な矛盾が蟠ったようだ。

参考¶今日の翻訳レベルでハイネを読むなら井上正蔵訳の『ハイネ全詩集』全5巻(角川書店)がいい。散文は木庭宏編の『ハイネ散文作品集』全4巻(松籟社)がある。伝記や評伝も多いが、井上正蔵の『ハインリッヒ・ハイネ』(岩波新書)を入門書とすると、その次が同じ著者の『ハイネ序説』(未来社)で、そこからユダヤ人問題などに入るにしたがって、木庭宏の『ハイネの見た夢』(NHKブックス)などに入っていくということになろうか。

コメントは受け付けていません。