トップ

最新の千夜千冊

総覧帖

全読譜

イシス編集学校

松岡正剛の千夜千冊

古今東西1600夜を超える千変万化・前人未到のブックナビゲーションサイト

最新千夜

思構篇|1712夜
エトムント・フッサール
『間主観性の現象学』
ちくま学芸文庫 2012―2015

何をフッサールは自負をもって開拓したのか。「現象学」(Phänomenologe)の可能性を開拓した。とくに「現象学的還元」(Phänomenologische Reduktion)という方法によって現象学の端緒原理がいくらでも広がりうることを示した。現象学とは何なのか。

千夜アーカイブ

more

おすすめ

千夜千冊LAB