「松岡正剛の千夜千冊」更新情報、松岡正剛の千夜解説などコンテンツ更新のお知らせ、ブックウェアイベントや企画のご案内、松岡正剛の呟き情報・日刊セイゴオ「ひび」などをお伝えする千夜千冊PRESSは、2011年10月24日に始まりました。 現在までのアーカイブはこちらでご覧いただけます。 

「千夜千冊PRESS」はこちらからご登録ください。
http://1000ya.isis.ne.jp/regist

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━http://1000ya.isis.ne.jp/sp073
 ★千夜千冊PRESS★ vol.73 2013年5月8日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■千夜千冊PRESSは、編集工学研究所関連サービスをご利用いただいたこと
 があるみなさまにお届けしております。配信を希望されない方は、お手数です
 がメール下部にある、配信解除URLをクリックの上、解除手続を行ってください。

 みなさん、こんにちは。
 千夜千冊編集部より、千夜千冊PRESS vol.73をお届けします。
 1505夜は、意表篇『リアリティのダンス』、
 1506夜は、分理篇『ヒッグス粒子の謎』です。

 異能のアーティストによるリアリティダンスは私たちの眼前に現れ、
 ないものねだりの宇宙仮説はウソからでたマコトになりました。
 世界とは想像することができれば、創造することができるということが、
 二つの夜で語られているように思います。

 今回の当夜案内、二夜重ね語りでお楽しみください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 千夜千冊 1505夜(2013年4月14日 更新)意表篇
 ★ 『リアリティのダンス』
 ★ アレハンドロ・ホドロフスキー(2012)文遊社
 ★ http://1000ya.isis.ne.jp/sp073-01
─────────────────────────────────────
 ┏
  チリの港町トコピージャのホドロフスキー。
  人形劇とマイムとハプニングのホドロフスキー。
  「ミスティック・キャバレー」のホドロフスキー。
  カルトムービーの前衛王ホドロフスキー。
  メビウスのバンドデシネと組んだホドロフスキー。
  サイコマジックの施術師ホドロフスキー。
  いったいこの男は何なのか。多能者なのか、
  異能アーティストなのか、化けものか。
  本人がついに綴った自伝は、何を告白しているのか。
  よくもここまで想像力だけで、
  リアリティダンスが踊れるものである。
                          ┛

【当夜案内(千夜千冊編集部より)】

 1971年、「もしフェリーニが西部劇を撮り、クロサワがイエス・キリス
 トを撮ったら、こうなっただろう」と言われるメキシコ映画『エル・トポ』
 が制作された。監督はアレハンドロ・ホドロフスキー。

 演出家、マリオネット制作者、詩人、ハプナー、映画監督、劇作家、演劇者、
 役者、パントマイマー、彫刻家、タロット占い師、舞台美術家、劇団リーダ
 ー、サイコセラピスト、サイコマジシャン、バンドデシネ作家、アニメータ
 ー‥‥など「説明がつかない多能」の持ち主である。

 「束の間のパニック」と称する「ハプニング」のルーツとなったアクション
 では、一羽の雌鳥をさばいて、その血でカンバスに絵を描き、ナチスの制服
 で日常食をむしゃむしゃ食べ、グランドピアノをハンマーで叩き壊し、陰部
 から何本ものソーセージをにょきにょきと引っ張り出した。

 現実を予測するのではなく、現実の予測不可能性を示し、現実と折り合いを
 つけるのではなく、現実に折り合いをつけさせてきたホドロフスキー。84歳
 のホドロフスキーは本書をもとにした映画を制作しているらしい。はたして
 いかなる「リアリティ・ダンス」が見られるだろうか。

     http://1000ya.isis.ne.jp/sp073-01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 千夜千冊 1506夜(2013年5月4日 更新)分理篇
 ★ 『ヒッグス粒子の謎』
 ★ 浅井祥仁(2012)祥伝社
 ★ http://1000ya.isis.ne.jp/sp073-02
─────────────────────────────────────
 ┏
  2012年7月4日、CERNにおいて
  かねてから捜し続けられてきた
  ヒッグス粒子がついに発見された。
  かつて「神の素粒子」とよばれていたこの粒子は、
  自然界の大半の物質に“質量”をもたらしていた。
  ここに、素粒子物理学の標準理論が躍如する。
  超対称性仮説と余剰次元仮説がつながり、
  その奥から「対称性の自発的な破れ」が見えてくる。
  南部陽一郎はとっくにこの事情を予告していたが、
  その卓抜な発想にこそ素粒子宇宙像の原像がある。
  こんなに大事な「見方のサイエンス」はない。
                          ┛

【当夜案内(千夜千冊編集部より)】

 1964年、エディンバラ大学のピーター・ヒッグスが、「神の素粒子」と
 よばれるヒッグス粒子の存在を予言した。

 宇宙は光と光から生まれた物質でできている。光には質量がないため、もし
 も原初の宇宙がそのまま発展していたら、物質は光速で飛びつづけることに
 なり、質量をもつことがないままになっていた。
 しかし、宇宙はどこかで多様な物質をつくりだした。質量がなかった素粒子
 に質量があてがわれたのだ。では、なぜどのようにして質量は生まれたのか。

 この謎を解く鍵のひとつが「ヒッグス機構」である。ヒッグス粒子は「質量
 の起源」なのだ。原始の真空は空っぽだったわけではなく、「好み」や「ク
 セ」や「つもり」を隠しもっていて、何かがこっそりはたらいている「ヒッ
 グスの海」のようなものだったと仮説した。

 この仮説のための「ないものねだり」がヒッグス粒子なのである。2012
 年7月4日、ヒッグス粒子とおぼしい新たな素粒子の“発見”が発表された。
 「欠如の実在」がリアリティ・ダンスを躍った瞬間である。

     http://1000ya.isis.ne.jp/sp073-02

━TOPICS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-----------------------------------------------------------------------------
○●○ 感門之盟 「翻 はためく編集 ひるがえる物語」○●○
 松岡正剛の物語編集 鴻巣友季子の翻訳と物語 千夜物語ゲーム 受賞作品もの語り
-----------------------------------------------------------------------------

 ~ホドロフスキーの「リアリティのダンス」、ヒッグスの「見方のサイエンス」
   そのどちらにも格別の「物語編集」の力が駆動していた ~

 5月12日(日)イシス編集学校「物語講座」の感門之盟が開催されます。
 ゴートクジISIS初体験のかたも、「物語編集」のもつ力に興味津々のかたも、
 これからのビジネスには「物語」が必要だと確信しているかたも、
 どなたでもご参加いただけるはじめてのGISIS感門之盟。
 この機会をどうぞお見逃しありませんように。残席は僅かです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ◎ イシス編集学校 第35回 感門之盟 ◎
       --------------------------------
             ≪翻≫
        はためく編集・ひるがえる物語
       --------------------------------

 松岡正剛の物語編集インタビュー、全員参加の千夜一冊物語ゲーム、
 物語作品アワードの物語かたり、快晴であればGISISビアガーデン、
 そして・・・
 物語ゲスト・トークには、翻訳家の鴻巣友季子さんをお招きします。
 新訳とは訳し重ねであり、翻訳とは深い読書であり、本もワインも記憶に転
 じてからが本番であるという鴻巣さんに、ひらひらと舞う蝶のような「翻」
 のもつ魅力とその方法を語っていただきます。質問タイムも用意しています。

    ◎鴻巣友季子さんのプロフィール

    翻訳家・文芸評論家・エッセイスト
    19歳で翻訳家を目指し、柳瀬尚紀の門を叩くも弟子入りを
    断られ仕方なく運転手になる。お茶の水女子大学院在学中
    に翻訳家としてデビュー以後、トマス・H・クック『緋色
    の記憶』、後にノーベル文学賞を受賞したJ・M・クッカ
    ーの『恥辱』などを翻訳。 2003年、ブロンテ『嵐が丘』
    の新訳が話題に。現在はマーガレット・ミッチェル『風と
    共に去りぬ』の新訳が進行中。
    著書に、『明治大正 翻訳ワンダーランド』『孕む言葉』
    『カーヴの隅の本棚』『全身翻訳家』など。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[日時]  2013年5月12日(日) 受付開始   13:30
                開演 14:00~19:30(予定)

[会場]  ISIS館1階<本楼>◆編集工学研究所
      世田谷区赤堤2-15-3

[詳細]  http://www.eel.co.jp/info/?p=3574

[参加費] 8000円

 ※商品カートより事前にお支払いください。
 http://es.isis.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=122

[申込締切]5/10まで

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2013年5月3日(金)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  GS余滴一。半日眠り、半日は書を遊ぶ。従来の書とおよそ
  異なる間架結構がふつふつ湧いていたので、これをやっと
  試してみたのだが、人前で見せる書になるには修行が必要だ。
 ┗───────────────────────────┛
 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2013年5月4日(土)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  GS余滴二。こんな時しかないので、テレビを見まくり、
  本屋で雑誌を見まくり、ついでに二五年前の日記類を読み
  まくる。世間と自分のプロクセミクス、意外に変わらない。
 ┗───────────────────────────┛
 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2013年5月5日(日)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  GS余滴三。スパイラルホールで服部舞の山椒魚スーツを
  見る。舞ちゃん、寝ないで作り直していたようだ。でも
  上出来だ。帰って七冊ぶんの千夜千冊の半端打ち込みをする。
 ┗───────────────────────────┛
 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2013年5月6日(月)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  GS余滴四。膝はがくがく、目はしばしば、背中ぎしぎし、
  頭みしみし。これではいかんので、いささかアイドリング
  してみたものの、処置に困るばかり。このあとどうする?
 ┗───────────────────────────┛

 ゴールデンウィーク、セイゴオ・リアリティ・ダンス4幕。

 1日目は未来の書でコンテンポラリー夢想、
 2日目はかつての自分とタンゴで語りあい、
 3日目は舞ちゃんとスパイラルでブレイクダンス乱舞、
 4日目はがくがくしばしばパントマイムとなりました。

 満身創痍のセイゴオ、つぎなるダンスは12日。
 GISISでのリアリティ・ダンス。いかなる物語となりますでしょうか。

 |twitterでも、アカウント「@seigowhibi」にて配信しております。
 |http://twitter.com/seigowhibi
 |
 |千夜千冊編集部「@1000ya_desk」もよろしくお願いします。
 |http://twitter.com/1000ya_desk

============================================================================

 ☆★★           ★
 ★★ 千夜千冊PRESS ★★
 ★           ★★☆

  〒 156-0044 東京都世田谷区赤堤2-15-3 ゴートクジISIS
  編集工学研究所 千夜千冊編集部
  Phone: 03-5301-2211 │FAX: 03-5301-2215
  Mail:1000ya@eel.co.jp

 千夜千冊PRESSアーカイブは
 http://1000ya.isis.ne.jp/senyapress/vol1 からご覧いただけます。
 千夜千冊PRESSの配信をご希望でない方は、
 お手数ですが下記よりメール配信登録解除の手続きを行ってください。
 http://1000ya.isis.ne.jp/unregist
============================================================================
※このメールの再配信、および掲載された記事の無断転載を禁じます。
Published by Editorial Engineering Laboratory
Copyright (c) 2013 Editorial Engineering Laboratory. All Rights Reserved.

千夜千冊トップページへ

◆Back Number◆

2016

12.16 · 【千夜千冊LAB NEWS】松岡正剛のオーディオコンテンツ配信開始[千夜千冊 PRESS★vol.156] 
12.9 · 【千夜千冊1625夜】「型」を継承する井上ひさしと麻矢[千夜千冊 PRESS★vol.155] 
12.6 · 【千夜千冊1624夜】待望の熊楠&千夜LABオープン[千夜千冊 PRESS★vol.154] 
11.17 · 【千夜千冊1623夜】あなたの側に潜むハイパークリーチャー[千夜千冊 PRESS★vol.153]
11.14 · 【千夜千冊1622夜】0.1ミリの創造者[千夜千冊PRESS★vol.152]
11.14 · 【千夜千冊1621夜】生命は結晶から生まれた!?[千夜千冊 PRESS★vol.151] 
11.14 · 【千夜千冊1617夜・1618夜】マグロもネコもヒトも「ゲノム」です。[千夜千冊 PRESS★vol.150] 
11.14 · 【千夜千冊1616夜】「われわれ」は暗号である!?[千夜千冊 PRESS★vol.149]
11.14 · 【千夜千冊1615夜】ポケモンどころじゃなかった地球[千夜千冊 PRESS★vol.148]
7.22 · 【千夜千冊1614夜】苔ガールの虫メガネ[千夜千冊 PRESS★vol.147]
7.8 · 【千夜千冊1613夜】サボテンが喋った?[千夜千冊 PRESS★vol.146]
6.29 · 【千夜千冊1612夜】植物は誘惑している!?[千夜千冊 PRESS★vol.145]
6.3 · 【千夜千冊1611夜】フクシマから世界へ「農と言える日本人」を[千夜千冊 PRESS★vol.144]
5.28 · 【千夜千冊1610夜】オレオもマルボロもスタバも大豆も![千夜千冊 PRESS★vol.143] 
5.25 · 【千夜千冊1609夜】4つの植物が人類を狂わせた!?[千夜千冊 PRESS★vol.142] 
5.13 · 【千夜千冊1608夜】「火の鳥」が予言した未来[千夜千冊 PRESS★vol.141]
5.4 · 【千夜千冊1607夜】古を重んじ、自在に遊ぶ[千夜千冊 PRESS★vol.140]
4.20 · 【千夜千冊1606夜】「あいだ」を科学する。「心」を科学する。[千夜千冊 PRESS★vol.139]
4.12 · 【千夜千冊1605夜】学術もガセネタも“陳列”するネット【千夜千冊 PRESS★vol.138】
3.30 · 【千夜千冊1604夜】今日のわたしは何点?[千夜千冊PRESS★vol.137]
3.24 · 【千夜千冊1603夜】「コップ」で「シマウマ」な問題[千夜千冊PRESS★vol.136]
3.17 · 【千夜千冊1602夜】“お化け”を目指す人工知能[千夜千冊 PRESS★vol.135]
3.9 · 【千夜千冊1601夜】めちゃんこデータ時代の夜明け[千夜千冊 PRESS★vol.134]
2.16 · 【祝☆千夜千冊1600夜】69歳ワーグナー VS 72歳松岡正剛[千夜千冊 PRESS★vol.133]
1.20 · 【千夜千冊1599夜】「枕」もとに神の気配??[千夜千冊 PRESS★vol.132]
1.3 · 【千夜千冊1598夜】2016年明けましてアリスです[千夜千冊 PRESS★vol.131]

2015

12.28 · 【千夜千冊1597夜】今年は虚子でおしまひ[千夜千冊 PRESS★vol.130]
10.22 · 【千夜千冊1592夜】数学で数学を突いたらどうなるの[千夜千冊 PRESS★vol.129]
7.23 · 【千夜千冊1587夜】ファッションの道の子[千夜千冊 PRESS★vol.128]
5.28 · 【千夜千冊1582夜】気づかぬうちに巨人の足元[千夜千冊 PRESS★vol.127]
5.19 · 【千夜千冊1581夜】神様の道もシン・ジンからです[千夜千冊 PRESS★vol.126]
4.16 · 【千夜千冊1578夜】止まらないイスラム国[千夜千冊 PRESS★vol.125]
4.9 · 【千夜千冊1577夜】インターネットは生きている[千夜千冊 PRESS★vol.124]
4.2 · 【千夜千冊1576夜】男はつらいよ、神もつらいよ[千夜千冊 PRESS★vol.123]
3.17 · 1575夜★vol.122「、」や「。」が大切です。
3.9 · 1574夜★vol.121 「サル」たちから学ぶ時代
3.2 · 1573夜★vol.120 弟子でいちばん「伊達」な奴
2.18 · 1572夜★vol.119 世界一の発明は「籠」!?
2.3 · 1571夜★vol.118 奏でる「罪と愛」のヴァリアント
1.23 · 1570夜★vol.117 「雅びのサスペンス」を駆けめぐる
1.19 · 1569夜★vol.116 ただのプレイボーイじゃない

2014

12.31 · 1568夜★vol.115 大晦日には「フランスの巨人」をどうぞ
12.26 · 1566・1567夜★vol.114 思考の革命/革命の思想
12.16 · 1565夜★vol.113 「方法」に生きた芸術家 アンリ・マティス
12.10 · 1563夜・1564夜★vol.112 どうちがう?/どうつかう?
11.18 · 1562夜★vol.111 クソったれ世界をフンショク決算
10.31 · 1561夜★vol.110 「編集」も修業や!
10.28 · 1560夜★vol.109 実は、私が犯人でした。
10.21 · vol.108★1559夜 だれが泥棒をかくまうの?
10.14 · vol.107★1558夜 砂漠の空の下、眩いダンディズム
10.7 · vol.106★1557夜 世界一不敵な笑みを浮かべる二人組
9.26 · vol.105★1556夜 WASHOKUの変換力
9.4 · vol.104★1555夜 窓のそば、明かりだまり、憩う時間
9.4 · vol.103★1554夜 青いきつねと白いたねき
9.4 · vol.102★1553夜 MからFへ どんだけ~祭り!
9.4 · vol.100★1541夜 ラーメンは人生?象徴?国民食?
9.4 · vol_99★1540夜 想像力を学びの翼に
9.4 · vol_98★1539夜 小よくビッグを制す夜
9.4 · 号外★千夜千冊ナイトのご案内
9.4 · vol.97★1535夜 名優の方法力に学ぶ
9.4 · vol.96★1533夜・1534夜 暴走の巨人から知のハッキングへ
9.4 · vol_95★1532夜 日本に独特な絆、一揆
9.4 · vol_94★1531夜 日常の生活に、用の美を。
9.4 · vol_93★1530夜まであと1日☆年末特大号☆
9.4 · vol_92★1529夜 世界中がつながる港町ブルース
9.4 · vol.91★1528夜 ココ・シャネルが最も嫉妬した女
9.4 · vol.90★1527夜 本はひとりじゃいられない
9.4 · vol.89★1526夜 ビートたけしも伊勢物語も「かさね」てる!?
9.4 · vol_88★1525夜 メディア新世界、稼ぎの秘密
9.4 · vol.87★1524夜 一人の男が描いたハンセン病
9.4 · vol_86★1523夜 クラシック音楽のはじまりの一夜
9.4 · vol.85★1522夜 「うつ」からうつろう実りの秋

2013

10.18 · vol.84★1520夜 1521夜 脱しるしというおしるし
10.16 · vol.82★1518夜 物語編集力のヒットパレード
9.7 · vol.81★1515 1516 1517夜 黒と白の筋を通す
8.6 · vol.80★1513夜 1514夜 コードとチョードの文明論
7.10 · vol.79★1512夜 方法の時代を告げる神の歌
7.3 · vol.78★1511夜 百年をほどく
7.3 · vol.77★1510夜 やさしさの親密圏
6.15 · vol.76★1509夜 イリュージョンを工学する
6.7 · vol.75★1508夜 自分の花からまことの花へ
6.7 · vol.74★1507夜 贈って、いい共!
5.11 · vol.73★1505夜 1506夜 ウソとリアリティの宇宙
5.1 · vol.72★1504夜 「ほんと」にすみませんの男
4.25 · vol.71★1503夜 知ってるつもりの物語
4.25 · vol.70★1502夜 クラブもサロンも編集です
4.8 · [号外] 「方」一周年記念キャンペーン
4.8 · vol.69★1500夜 1501夜 インターイマジネーションする心身
3.13 · [号外] 「日本する」なら、日本を輪読!
3.13 · vol.68★1499夜 さずかる偶然 さずける必然
3.1 · vol.67★1498夜 坊主、丸はだか?!
2.5 · vol.66★1497夜 幻視の光に世界がみえた
2.5 · vol.65★1496夜 ソーシャルのすゝめ
1.8 · vol.64★1494夜 1495夜 オオカミとの夕食
1.8 · vol.63★1494夜 知のお引っ越し、新装開店

2012

12.14 · vol.62★1493夜 一音成仏、一即多
11.30 · vol.61★1490夜・1491夜 エロキャピ&KARASIA
11.30 · vol.60★1489夜 四録を二対でみる
11.2 · vol.59★1488夜 革命の正体みたり
10.19 · vol.58★1487夜 歌う生物多様性♪
TOPICS|千夜千冊LAB