「松岡正剛の千夜千冊」更新情報、松岡正剛の千夜解説などコンテンツ更新のお知らせ、ブックウェアイベントや企画のご案内、松岡正剛の呟き情報・日刊セイゴオ「ひび」などをお伝えする千夜千冊PRESSは、2011年10月24日に始まりました。 現在までのアーカイブはこちらでご覧いただけます。 

「千夜千冊PRESS」はこちらからご登録ください。
http://1000ya.isis.ne.jp/regist

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━http://1000ya.isis.ne.jp/sp064
 ★千夜千冊PRESS★ vol.64 2013年1月8日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■千夜千冊PRESSは、編集工学研究所関連サービスをご利用いただいたこと
 があるみなさまにお届けさせていただいております。配信を希望されない方は、
 お手数ですがメール下部にある、配信解除URLをクリックの上、解除手続を
 行ってください。

 みなさん、新年あけましておめでとうございます。
 千夜千冊編集部より、今年最初の千夜千冊PRESS vol.64をお届けします。

 昨年を振り返ってみますと、2012年の最初は『霊山』でした。
 下放青年であった高行健が中国的母国に思いを馳せた
 時空錯綜のポリフォニーでしたね。
 去年の最後の千夜も同じく下放された姜戎の『神なるオオカミ』でした。
 そこで語られたことは、中国は原初にもっていた遊牧性、オオカミのもつ
 残酷な戦略力や戦術力を取り戻すべきだというメッセージでした。

 新年最初の千夜は『ソクラテスと朝食を』です。
 副題には「日常生活を哲学する」とあります。
 日常を分節化して、朝起きてから寝るまでの1コマ1コマを
 哲学的に考察してみた一冊です。

 『霊山』の「思い」から、『オオカミ』の「方法」へ向かい、
 それを『朝食』のように「日常」とする。
 2013年は、「オオカミと夕食を」楽しむような遊撃性をもって、
 向かっていきたいものです。
 それでは、年末年始の2夜つづけてご紹介いたしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 千夜千冊 1494夜(2012年12月31日 更新)歴象篇
 ★ 『神なるオオカミ』上・下
 ★ 姜戎(ジャン・ロン)(2007)講談社
 ★ http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-01
─────────────────────────────────────
 ┏
  いろいろ紆余曲折があったけれど、
  世界も日本もアジアも今年は終わり。
  日本は安倍晋三、韓国はパククネ、中国は習近平。
  3人のトップが変わった。ついでに北朝鮮も。
  しかし、日本・韓国・中国ともに
  その本来の民族国家的起爆は伏せられている。
  そこで今年ラストの千夜千冊は
  21世紀中国最大の問題作を紹介したい。
  姜戎の『神なるオオカミ』だ。
  内モンゴル草原の遊牧一族を主人公とした
  途方もない長編思想小説だが、
  ここには強烈な中国批判が躍動している。
  それとともにこの本は、われわれ日本人にもにひそむ
  遊牧的な革新性や戦闘性を根底で疼かせる。
  この一冊を前にして、あれこれを大転換するための
  「行く年来る年」を送っていただきたい。
  それでは、犬狼に匹敵するような、
  格別によいお年を!
                             ┛

【当夜案内(千夜千冊編集部より)】

 文化大革命期に内モンゴルに下放された著者の分身である陳陣と友人たちは、
 ビリグ老人の遊牧民の一族と生活をはじめる。あるとき、陳陣らはオオカミ
 が野生の黄羊を大量に食い殺している光景をみてショックを受ける。
 しかし、ヒツジが草を食べ尽くすこともオオカミが殖えすぎることも、どち
 らも草原部族にとっては“化け物”のように危険なことであって、放っては
 おけないことであった。
 ちゃんと「天」(タンゴル=テングル)が見て、ときにオオカミたちにヒツ
 ジを食わせ、ときにオオカミたちに過剰な競争を強いているのだ、という老
 人の“生き抜く思想”にもとづいた言葉に当初は戸惑いを感じるものの、彼
 らはだんだんその深さに共感するようになっていく。

 オオカミに惹かれはじめた陳陣は子オオカミを捕獲し、「小狼」(シャオラ
 ン)と名付け育て始めるのだが、なかなかうまく育ってはくれない。冬の寒
 い夜、小狼は自身の病害を観念したかのように堅くなり、動かなくなってし
 まう。ビリグ老人は、「動かないオオカミは野生のごとく死なせてやらなけ
 ればいけない」と言う。
 それから数日後、迷いに迷った陳陣はパオの外で苦しみもがいている小狼に
 必死の思いで近づくと、隠し持ったタガネを天高く持ち上げ、渾身の力をこ
 めて後頭部に打ち下ろした。

 「草原の遊牧力」とオオカミと共生する「部族の生活力」とを生々しくも詳
 細に描いたラディカル・ノマドな思想小説。

   http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 千夜千冊 1495夜(2013年1月4日 更新)思構篇
 ★ 『ソクラテスと朝食を--日常生活を哲学する』
 ★ ロバート・ロウランド・スミス(2012)講談社
 ★ http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-02
─────────────────────────────────────
 ┏
  迎春、いや試春。
  明けましておめでとうございます。
  新年第1弾の千夜千冊は、
  お雑煮・お節に代わって、『ソクラテスと朝食を』です。
  この一冊は、われわれが朝起きて床に就くまでを
  ソクラテスにかこつけて古今の思惟の意匠を借りつつ、
  けっこう突っ込んで日常哲学したものです。
  ときどき、ぼくの暮らし方や過ごし方をまじえ、
  ごくごく気楽に、でも幾分は新年のスタートにふさわしく、
  いつもご愛顧の千夜千冊の読者諸君の知性を
  ちょっぴり揺さぶるべく、書いてみます。
                             ┛

【当夜案内(千夜千冊編集部より)】

 フツーの日常を18項目にわたって取り上げ、ところどころに亀裂や深淵を
 窺わせながら哲学したのが本書である。たとえばこうである。

 一日は朝に【目覚める】ことから始まる。目覚めは哲学の開始でもあるのだ。
 「世界はまだあった」「やはり何かが続行している」「私は生きている」と
 いう“生の事実”を継承したということなのである。

 目が覚めると、つぎは【身支度をする】。目が覚めて出会うのは「外界」で
 あって、その外界がもたらす出来事に対処するために【身支度】という、社
 会に対しての戦闘準備をはじめる。

 【身支度】ができたら、次は【通勤する】。通勤とは社会的人格として一日
 を乗り切るイニシエーションであり、ニーチェの言う「自己証明」ないしは
 「超人」をめざす通過儀礼である。デリダは「誤配からの調整」と言ってい
 る。通勤によって、「今日も自分が配信されてきた」という実感をもち、
 「私は誤配なのではない」「仮に誤配ならそれを今日訂正できる」という自
 信をもつわけなのである。

 通勤がすめば、いよいよ【仕事をする】。仕事の活動の数字的成果はBSと
 PLであるが、それとは別の「やる気」を作動させる必要もある。【仕事す
 る】とはその不合理な矛盾に敢然と立ち向かうということなのだ。

 ソクラテスは「吟味されない人生なんて一日もおくるべきではない」と言っ
 たが、一日を吟味することは、けっこうな難問なのである。
 ブルデューの言葉でいえば、日常の「ハビトゥス」をどうするかが重要であ
 って、「何かをするときの創発的ルール」をどうつくるかということなのであ
 る。

   http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-02

━TOPICS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★★千夜千冊サテライトメディア「方」1月号特報!!★★

  ---------------------------------------------------------
  ◎初ゴートクジから一册一声◎
  ゴートクジISIS 本楼で収録の千夜が初登場
  http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-03
  ---------------------------------------------------------
  1月号は460夜『朱舜水』石原道博、
  520夜『武家文化と同朋衆』村井康彦の2夜。
  どちらもゴートクジ初収録初公開の一册一声になります。
  セイゴオからの新年メッセージもお楽しみに。

  ---------------------------------------------------------
  ◎ガミガミISISは1500夜カウントダウンスペシャル◎
  幻の500夜記念ソロトーク、師走からつづけて大公開。
  http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-03
  ---------------------------------------------------------
  2002年3月26日東京・銀座のソニービル ソミドホールで行われた
  500夜達成イベントでの松岡正剛による白熱のソロトーク。
  ゲーテ、フンボルト、ポー、ヴァレリーと十数冊の書物と人物を
  東西をまたぎつつ自在に引用しながら“「知」の方法”を語ります。

  ---------------------------------------------------------
  ◎バックナンバーも見逃せません!!◎
  レヴィ=ストロース、シャネル、グールド、漱石、梁塵秘抄
  http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-04
  ---------------------------------------------------------
  セイゴオ一册一声はもちろん、ガミガミISISでは姜尚中、佐藤優など。
  バジラ高橋による日本編集文化誌では千夜以上のジャパン・ディープを展開。
  ZOKMONではさまざまな消費文化の類型・典型・原型を探ります。

  「方」お申し込みはこちらからどうぞ。
  http://1000ya.isis.ne.jp/sp064-05

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2013年1月1日(火)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  白味噌の雑煮。日枝神社に初詣。冷たい風が強い。
  「木枯の風を分けたる注連飾り」玄月。夜は気分試しの
  初執筆。相手は気鋭のロバート・スミスの日常哲学。
 ┗───────────────────────────┛
 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2013年1月2日(水)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  今年の最初はゴートクジの多様力を心と体に纏うための
  予備作業をして、その合間にどのくらい新著に向かえるか
  どうかだね。実は初夢に饕餮たちが踊っていたんです。
 ┗───────────────────────────┛

 元旦の「ひび」にあげられたロバート・スミスというのは、
 もちろん今回紹介した『ソクラテスと朝食を』の著者、
 ロバート・ロウランド・スミスのことです。

 そして、初夢は『神なるオオカミ』で、オオカミ・トーテムを
 内包していたと仮説されていた「饕餮」だったようです。

 うつもうつつも千夜ではじまった2013年、
 今年も「千夜」「ひび」ともども、ひきつづきご注目ください。

 |twitterでも、アカウント「@seigowhibi」にて配信しております。
 |http://twitter.com/seigowhibi
 |
 |千夜千冊編集部「@1000ya_desk」もよろしくお願いします。
 |http://twitter.com/1000ya_desk

============================================================================

 ☆★★           ★
 ★★ 千夜千冊PRESS ★★
 ★           ★★☆

  〒 156-0044 東京都世田谷区赤堤2-15-3 ゴートクジISIS
  編集工学研究所 千夜千冊編集部
  Phone: 03-5301-2211 │FAX: 03-5301-2215
  Mail:1000ya@eel.co.jp

 千夜千冊PRESSアーカイブは
 http://1000ya.isis.ne.jp/senyapress/vol1 からご覧いただけます。
 千夜千冊PRESSの配信をご希望でない方は、
 お手数ですが下記よりメール配信登録解除の手続きを行ってください。
 http://1000ya.isis.ne.jp/unregist
============================================================================
※このメールの再配信、および掲載された記事の無断転載を禁じます。
Published by Editorial Engineering Laboratory
Copyright (c) 2012 Editorial Engineering Laboratory. All Rights Reserved.

千夜千冊トップページへ

◆Back Number◆

2016

12.16 · 【千夜千冊LAB NEWS】松岡正剛のオーディオコンテンツ配信開始[千夜千冊 PRESS★vol.156] 
12.9 · 【千夜千冊1625夜】「型」を継承する井上ひさしと麻矢[千夜千冊 PRESS★vol.155] 
12.6 · 【千夜千冊1624夜】待望の熊楠&千夜LABオープン[千夜千冊 PRESS★vol.154] 
11.17 · 【千夜千冊1623夜】あなたの側に潜むハイパークリーチャー[千夜千冊 PRESS★vol.153]
11.14 · 【千夜千冊1622夜】0.1ミリの創造者[千夜千冊PRESS★vol.152]
11.14 · 【千夜千冊1621夜】生命は結晶から生まれた!?[千夜千冊 PRESS★vol.151] 
11.14 · 【千夜千冊1617夜・1618夜】マグロもネコもヒトも「ゲノム」です。[千夜千冊 PRESS★vol.150] 
11.14 · 【千夜千冊1616夜】「われわれ」は暗号である!?[千夜千冊 PRESS★vol.149]
11.14 · 【千夜千冊1615夜】ポケモンどころじゃなかった地球[千夜千冊 PRESS★vol.148]
7.22 · 【千夜千冊1614夜】苔ガールの虫メガネ[千夜千冊 PRESS★vol.147]
7.8 · 【千夜千冊1613夜】サボテンが喋った?[千夜千冊 PRESS★vol.146]
6.29 · 【千夜千冊1612夜】植物は誘惑している!?[千夜千冊 PRESS★vol.145]
6.3 · 【千夜千冊1611夜】フクシマから世界へ「農と言える日本人」を[千夜千冊 PRESS★vol.144]
5.28 · 【千夜千冊1610夜】オレオもマルボロもスタバも大豆も![千夜千冊 PRESS★vol.143] 
5.25 · 【千夜千冊1609夜】4つの植物が人類を狂わせた!?[千夜千冊 PRESS★vol.142] 
5.13 · 【千夜千冊1608夜】「火の鳥」が予言した未来[千夜千冊 PRESS★vol.141]
5.4 · 【千夜千冊1607夜】古を重んじ、自在に遊ぶ[千夜千冊 PRESS★vol.140]
4.20 · 【千夜千冊1606夜】「あいだ」を科学する。「心」を科学する。[千夜千冊 PRESS★vol.139]
4.12 · 【千夜千冊1605夜】学術もガセネタも“陳列”するネット【千夜千冊 PRESS★vol.138】
3.30 · 【千夜千冊1604夜】今日のわたしは何点?[千夜千冊PRESS★vol.137]
3.24 · 【千夜千冊1603夜】「コップ」で「シマウマ」な問題[千夜千冊PRESS★vol.136]
3.17 · 【千夜千冊1602夜】“お化け”を目指す人工知能[千夜千冊 PRESS★vol.135]
3.9 · 【千夜千冊1601夜】めちゃんこデータ時代の夜明け[千夜千冊 PRESS★vol.134]
2.16 · 【祝☆千夜千冊1600夜】69歳ワーグナー VS 72歳松岡正剛[千夜千冊 PRESS★vol.133]
1.20 · 【千夜千冊1599夜】「枕」もとに神の気配??[千夜千冊 PRESS★vol.132]
1.3 · 【千夜千冊1598夜】2016年明けましてアリスです[千夜千冊 PRESS★vol.131]

2015

12.28 · 【千夜千冊1597夜】今年は虚子でおしまひ[千夜千冊 PRESS★vol.130]
10.22 · 【千夜千冊1592夜】数学で数学を突いたらどうなるの[千夜千冊 PRESS★vol.129]
7.23 · 【千夜千冊1587夜】ファッションの道の子[千夜千冊 PRESS★vol.128]
5.28 · 【千夜千冊1582夜】気づかぬうちに巨人の足元[千夜千冊 PRESS★vol.127]
5.19 · 【千夜千冊1581夜】神様の道もシン・ジンからです[千夜千冊 PRESS★vol.126]
4.16 · 【千夜千冊1578夜】止まらないイスラム国[千夜千冊 PRESS★vol.125]
4.9 · 【千夜千冊1577夜】インターネットは生きている[千夜千冊 PRESS★vol.124]
4.2 · 【千夜千冊1576夜】男はつらいよ、神もつらいよ[千夜千冊 PRESS★vol.123]
3.17 · 1575夜★vol.122「、」や「。」が大切です。
3.9 · 1574夜★vol.121 「サル」たちから学ぶ時代
3.2 · 1573夜★vol.120 弟子でいちばん「伊達」な奴
2.18 · 1572夜★vol.119 世界一の発明は「籠」!?
2.3 · 1571夜★vol.118 奏でる「罪と愛」のヴァリアント
1.23 · 1570夜★vol.117 「雅びのサスペンス」を駆けめぐる
1.19 · 1569夜★vol.116 ただのプレイボーイじゃない

2014

12.31 · 1568夜★vol.115 大晦日には「フランスの巨人」をどうぞ
12.26 · 1566・1567夜★vol.114 思考の革命/革命の思想
12.16 · 1565夜★vol.113 「方法」に生きた芸術家 アンリ・マティス
12.10 · 1563夜・1564夜★vol.112 どうちがう?/どうつかう?
11.18 · 1562夜★vol.111 クソったれ世界をフンショク決算
10.31 · 1561夜★vol.110 「編集」も修業や!
10.28 · 1560夜★vol.109 実は、私が犯人でした。
10.21 · vol.108★1559夜 だれが泥棒をかくまうの?
10.14 · vol.107★1558夜 砂漠の空の下、眩いダンディズム
10.7 · vol.106★1557夜 世界一不敵な笑みを浮かべる二人組
9.26 · vol.105★1556夜 WASHOKUの変換力
9.4 · vol.104★1555夜 窓のそば、明かりだまり、憩う時間
9.4 · vol.103★1554夜 青いきつねと白いたねき
9.4 · vol.102★1553夜 MからFへ どんだけ~祭り!
9.4 · vol.100★1541夜 ラーメンは人生?象徴?国民食?
9.4 · vol_99★1540夜 想像力を学びの翼に
9.4 · vol_98★1539夜 小よくビッグを制す夜
9.4 · 号外★千夜千冊ナイトのご案内
9.4 · vol.97★1535夜 名優の方法力に学ぶ
9.4 · vol.96★1533夜・1534夜 暴走の巨人から知のハッキングへ
9.4 · vol_95★1532夜 日本に独特な絆、一揆
9.4 · vol_94★1531夜 日常の生活に、用の美を。
9.4 · vol_93★1530夜まであと1日☆年末特大号☆
9.4 · vol_92★1529夜 世界中がつながる港町ブルース
9.4 · vol.91★1528夜 ココ・シャネルが最も嫉妬した女
9.4 · vol.90★1527夜 本はひとりじゃいられない
9.4 · vol.89★1526夜 ビートたけしも伊勢物語も「かさね」てる!?
9.4 · vol_88★1525夜 メディア新世界、稼ぎの秘密
9.4 · vol.87★1524夜 一人の男が描いたハンセン病
9.4 · vol_86★1523夜 クラシック音楽のはじまりの一夜
9.4 · vol.85★1522夜 「うつ」からうつろう実りの秋

2013

10.18 · vol.84★1520夜 1521夜 脱しるしというおしるし
10.16 · vol.82★1518夜 物語編集力のヒットパレード
9.7 · vol.81★1515 1516 1517夜 黒と白の筋を通す
8.6 · vol.80★1513夜 1514夜 コードとチョードの文明論
7.10 · vol.79★1512夜 方法の時代を告げる神の歌
7.3 · vol.78★1511夜 百年をほどく
7.3 · vol.77★1510夜 やさしさの親密圏
6.15 · vol.76★1509夜 イリュージョンを工学する
6.7 · vol.75★1508夜 自分の花からまことの花へ
6.7 · vol.74★1507夜 贈って、いい共!
5.11 · vol.73★1505夜 1506夜 ウソとリアリティの宇宙
5.1 · vol.72★1504夜 「ほんと」にすみませんの男
4.25 · vol.71★1503夜 知ってるつもりの物語
4.25 · vol.70★1502夜 クラブもサロンも編集です
4.8 · [号外] 「方」一周年記念キャンペーン
4.8 · vol.69★1500夜 1501夜 インターイマジネーションする心身
3.13 · [号外] 「日本する」なら、日本を輪読!
3.13 · vol.68★1499夜 さずかる偶然 さずける必然
3.1 · vol.67★1498夜 坊主、丸はだか?!
2.5 · vol.66★1497夜 幻視の光に世界がみえた
2.5 · vol.65★1496夜 ソーシャルのすゝめ
1.8 · vol.64★1494夜 1495夜 オオカミとの夕食
1.8 · vol.63★1494夜 知のお引っ越し、新装開店

2012

12.14 · vol.62★1493夜 一音成仏、一即多
11.30 · vol.61★1490夜・1491夜 エロキャピ&KARASIA
11.30 · vol.60★1489夜 四録を二対でみる
11.2 · vol.59★1488夜 革命の正体みたり
10.19 · vol.58★1487夜 歌う生物多様性♪
TOPICS|千夜千冊LAB