「松岡正剛の千夜千冊」更新情報、松岡正剛の千夜解説などコンテンツ更新のお知らせ、ブックウェアイベントや企画のご案内、松岡正剛の呟き情報・日刊セイゴオ「ひび」などをお伝えする千夜千冊PRESSは、2011年10月24日に始まりました。 現在までのアーカイブはこちらでご覧いただけます。 

「千夜千冊PRESS」はこちらからご登録ください。
http://1000ya.isis.ne.jp/regist

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━http://1000ya.isis.ne.jp/sp061
 ★千夜千冊PRESS★ vol.61 2012年11月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■千夜千冊PRESSは、編集工学研究所関連サービスをご利用いただいたこと
 があるみなさまにお届けさせていただいております。配信を希望されない方は、
 お手数ですがメール下部にある、配信解除URLをクリックの上、解除手続を
 行ってください。

 みなさん、こんにちは。
 千夜千冊編集部より、千夜千冊PRESS vol.61をお届けします。

 現代の、そして明日の社会における「性的自尊心」の権利を高らかに訴えた
 1490夜 交貨篇『エロティック・キャピタル』。

 竹島問題のルーツのルーツであり、日本の「戦争の歴史の発端」を紐解いた
 1491夜 歴象篇『古代の日本と加耶』を紹介します。
 2夜つづけてご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 千夜千冊 1490夜(2012年11月22日 更新)交貨篇
 ★ 『エロティック・キャピタル』
 ★ キャサリン・ハキム(2012)共同通信社
 ★ http://1000ya.isis.ne.jp/sp061-01
─────────────────────────────────────
 ┏
  人にはいろいろな才能がある。
  開発したり蓄積したり、資産にすることもできる。
  それをヒューマン・キャピタルというなら、
  女性たちが磨き上げてきた資産を
  エロティック・キャピタルと言うべきだ。
  さまざまな社会の諸関係をつなぐ絆の力が
  社会通貨やソーシャル・キャピタルになるのなら、
  セクシャリティがもたらす力だって知的資産であって、
  あらゆる社会を貫いてきた
  ハニー・マネーの力と言うべきだ。
  このキャサリン・ハキムの大胆な論陣は、
  発表このかたいろいろな物議をかもしてきた。
  でも、いったい何が物議なのか。
  ぼくはエロティック・キャピタル大賛成だ
                             ┛

【当夜案内(千夜千冊編集部より)】

 知識の力は「ナレッジ・キャピタル」、「縁」や「絆」という関係力は「ソ
 ーシャル・キャピタル」、才能や感性というものは「ヒューマン・キャピタ
 ル」、これらをまとめて「カルチャー・キャピタル」(文化資本)と呼び、
 歴史的にも「エコノミック・キャピタル」(経済的資産)に勝るとも劣らな
 い資産力を発揮してきた。

 著者のキャサリン・ハキムが主張するのは、女が自身をファッショナブルに
 磨いていくことで獲得し、蓄積してきた資産である「エロティック・キャピ
 タル」の存在である。美しさ、スマート・パフォーマンス、性的魅力、自己
 演出力、社交的なスキル、ファッションセンス、プロポーション、すばらし
 い言葉づかい、セクシャリティ、クールな判断力、うっとりするような声、
 脚線美、情熱的なアプローチ、エレガントなマナー‥‥。

 性風俗ビジネスや広告産業、タレント、トップモデル、アスリートだけでは
 なく、いまや世の中のあらゆる「美の産業」、さまざまな職業の報酬にも大
 きな影響を及ぼしている。ソーシャル・アイデンティティにおいてもコーポ
 レート・アイデンティティにおいても、「性的自尊心」を正当に評価する時
 代がきているのだ。いまこそ、あらためてリソースの意味と価値を編集的に
 変換し、エロティック・キャピタルのダイナミックな資産運用にとりくむべ
 きではないか。

   http://1000ya.isis.ne.jp/sp061-01

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ★ 千夜千冊 1491夜(2012年11月27日 更新)歴象篇
 ★ 『古代の日本と加耶』
 ★ 田中俊明(2009)山川出版社
 ★ http://1000ya.isis.ne.jp/sp061-02
─────────────────────────────────────
 ┏
  突然の衆議院解散で、政権の行方が混沌とするなか、
  尖閣問題はもとより、拉致問題にも竹島問題にも
  日本は手が出せないままにある。
  日韓関係にも暗雲が垂れ込めたかのようだ。
  いや、これは長きにわたる問題の延長戦なのかもしれない。
  かつて古代朝鮮と日本は複合的につながっていた。
  当時から日朝の暗雲は一喜一憂に動いていた。
  その重なり合いのひとつに「加耶」があった。
  「金官国」「任那」ともよばれた。
  加耶には首露王の天孫降臨神話があり、
  倭国が大いに交流した。しかし、高句麗が攻め、
  新羅が洛東江下流に進出し、やがて滅亡した。
  これは、長いなが~い竹島的日韓問題なのである。
                              ┛

【当夜案内(千夜千冊編集部より)】

 中国の支配力が強かった韓半島の諸国が中華の勢力の減退を機会にしだいに
 自立し、やがて高句麗・新羅・百済が三国鼎立していった時期に、倭国はど
 のように百済型の勢力と交流をしたのか。日本外交史はここに始まり、いく
 つもの謎をのこして、韓半島は新羅から高麗へ、日本は白村江の敗戦後に天
 智・天武時代を迎えて、記紀の編纂や律令制の確立に向かっていった。
 このとき最も密接な日朝関係を最初に築いていたのが、倭国と加耶の諸国だ
 ったわけである。竹島問題のルーツのルーツをさかのぼれば、ここに行き当
 たる。

 天孫降臨型の建国神話をもつ「駕洛=金官=加耶=任那=加羅」の拠点は、
 洛東江の西側の金海(キメ)にあった。倭国は加耶と親しく接触し、交易
 が行き交った。加耶からは鉄がとれ、鉄産部族がいた。4世紀前半に任那国
 が蘇那カ叱知(ソナカシチ)という者を派遣してきたと『日本書紀』に交流
 のはじまりが記されている。

 百済と倭国の同盟関係、新羅との敵対関係に崇神天皇仮説や神功皇后の三韓
 征伐がからまり、「倭の五王」の時代をへて、6世紀の継体天皇のときには
 百済と新羅が南朝鮮の諸国を取り込み始める。新羅に侵攻されはじめた加耶
 諸国は倭の救援を求めるものの、561年には潰えてしまう。倭国は加耶復
 興をはかるものの果たせず、金官国系の秦氏、安羅系の東漢氏の一団が渡来
 し、倭国内の新勢力となっていくのであった。
 竹島問題の起源をめぐる古代日韓交流史の概観、ご一読ください。

   http://1000ya.isis.ne.jp/sp061-02

━TOPICS━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ★★松岡正剛 最新講演会情報★★

  -------------------------------------------
   松岡正剛『松丸本舗主義』出版記念トーク
    「本と本屋と本読みと」
  -------------------------------------------

 「今こそ話そう、松丸本舗閉店と未来について」

 松丸本舗閉店について、書籍に収まりきらなかった思い、
 ゴートクジで展開するであろう新たな書籍空間のプロデュースについて、
 この場でしか聞けないとっておきのソロトークが展開される予定です。
 ぜひ、お誘いあわせのうえ、お越しください。

 【日時】12月4日(火) 19:00~20:30 (開場18:30)
 【会場】モード学園コクーンタワーBホール(ブックファースト新宿店横)
 【定員】先着500名様
 【参加費用】 1,000円(税込) 当日購入可
 【購入方法】ブックファースト新宿店地下2階Eゾーンレジカウンターにて販売。
 お電話でのご予約も承ります(お電話でのご予約はお一人様一枚限り)。
 【お問合せ】ブックファースト新宿店  03-5339-7611

  ※当日会場で、『松丸本舗主義』(青幻舎)のサイン本を販売。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2012年11月22日(木)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  十二月三日からの新住所。世田谷区赤堤2-15-3。
  郵便番号156-0044、編工研電話5301-2211。
  松岡事務所電話5301-2212。以上決定です。
 ┗───────────────────────────┛

 ┏───────────────────────────┓
  ◎日刊セイゴオ「ひび」◎ 2012年11月27日(火)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ゴートクジの内装着々。誰も見たことがないような
  本棚空間が連打されるのでお愉しみに。茶会も伝習座も
  ダンスも共読音楽会もブックパーティもやるからね。
 ┗───────────────────────────┛

 セイゴオ「ひび」で告知がありましたように、
 12月2日に編集工学研究所はゴートクジに引っ越します。
 転居先のビルの名前はその名も“豪徳寺「ISIS」”。

 1階部分は天井4mのイベントスペースにもなる空間で、
 さまざまな茶会? 伝習座? ダンス? 共読音楽会?
 ブックパーティ? 公開千夜語り? などなども
 催される予定。

 随時、千夜千冊PRESSでも告知させていただきます。
 これからのゴートクジに御期待くださいませ。

 |twitterでも、アカウント「@seigowhibi」にて配信しております。
 |http://twitter.com/seigowhibi
 |
 |千夜千冊編集部「@1000ya_desk」もよろしくお願いします。
 |http://twitter.com/1000ya_desk

============================================================================

 ☆★★           ★
 ★★ 千夜千冊PRESS ★★
 ★           ★★☆

 〒107-0061 東京都港区赤坂7-6-64
 編集工学研究所 千夜千冊編集部
 Phone: 03-3568-2102 │Fax: 03-3568-2201
 Mail:1000ya@eel.co.jp

 =====12月2日に新事務所へ移転いたします===============

  住所:〒 156-0044 東京都世田谷区赤堤2丁目15番3号
  TEL: 03-5301-2211
  FAX:03-5301-2215

 ========================================================

 千夜千冊PRESSアーカイブは
 http://1000ya.isis.ne.jp/senyapress/vol1 からご覧いただけます。
 千夜千冊PRESSの配信をご希望でない方は、
 お手数ですが下記よりメール配信登録解除の手続きを行ってください。
 http://1000ya.isis.ne.jp/unregist
============================================================================
※このメールの再配信、および掲載された記事の無断転載を禁じます。
Published by Editorial Engineering Laboratory
Copyright (c) 2012 Editorial Engineering Laboratory. All Rights Reserved.

千夜千冊トップページへ

◆Back Number◆

2016

12.16 · 【千夜千冊LAB NEWS】松岡正剛のオーディオコンテンツ配信開始[千夜千冊 PRESS★vol.156] 
12.9 · 【千夜千冊1625夜】「型」を継承する井上ひさしと麻矢[千夜千冊 PRESS★vol.155] 
12.6 · 【千夜千冊1624夜】待望の熊楠&千夜LABオープン[千夜千冊 PRESS★vol.154] 
11.17 · 【千夜千冊1623夜】あなたの側に潜むハイパークリーチャー[千夜千冊 PRESS★vol.153]
11.14 · 【千夜千冊1622夜】0.1ミリの創造者[千夜千冊PRESS★vol.152]
11.14 · 【千夜千冊1621夜】生命は結晶から生まれた!?[千夜千冊 PRESS★vol.151] 
11.14 · 【千夜千冊1617夜・1618夜】マグロもネコもヒトも「ゲノム」です。[千夜千冊 PRESS★vol.150] 
11.14 · 【千夜千冊1616夜】「われわれ」は暗号である!?[千夜千冊 PRESS★vol.149]
11.14 · 【千夜千冊1615夜】ポケモンどころじゃなかった地球[千夜千冊 PRESS★vol.148]
7.22 · 【千夜千冊1614夜】苔ガールの虫メガネ[千夜千冊 PRESS★vol.147]
7.8 · 【千夜千冊1613夜】サボテンが喋った?[千夜千冊 PRESS★vol.146]
6.29 · 【千夜千冊1612夜】植物は誘惑している!?[千夜千冊 PRESS★vol.145]
6.3 · 【千夜千冊1611夜】フクシマから世界へ「農と言える日本人」を[千夜千冊 PRESS★vol.144]
5.28 · 【千夜千冊1610夜】オレオもマルボロもスタバも大豆も![千夜千冊 PRESS★vol.143] 
5.25 · 【千夜千冊1609夜】4つの植物が人類を狂わせた!?[千夜千冊 PRESS★vol.142] 
5.13 · 【千夜千冊1608夜】「火の鳥」が予言した未来[千夜千冊 PRESS★vol.141]
5.4 · 【千夜千冊1607夜】古を重んじ、自在に遊ぶ[千夜千冊 PRESS★vol.140]
4.20 · 【千夜千冊1606夜】「あいだ」を科学する。「心」を科学する。[千夜千冊 PRESS★vol.139]
4.12 · 【千夜千冊1605夜】学術もガセネタも“陳列”するネット【千夜千冊 PRESS★vol.138】
3.30 · 【千夜千冊1604夜】今日のわたしは何点?[千夜千冊PRESS★vol.137]
3.24 · 【千夜千冊1603夜】「コップ」で「シマウマ」な問題[千夜千冊PRESS★vol.136]
3.17 · 【千夜千冊1602夜】“お化け”を目指す人工知能[千夜千冊 PRESS★vol.135]
3.9 · 【千夜千冊1601夜】めちゃんこデータ時代の夜明け[千夜千冊 PRESS★vol.134]
2.16 · 【祝☆千夜千冊1600夜】69歳ワーグナー VS 72歳松岡正剛[千夜千冊 PRESS★vol.133]
1.20 · 【千夜千冊1599夜】「枕」もとに神の気配??[千夜千冊 PRESS★vol.132]
1.3 · 【千夜千冊1598夜】2016年明けましてアリスです[千夜千冊 PRESS★vol.131]

2015

12.28 · 【千夜千冊1597夜】今年は虚子でおしまひ[千夜千冊 PRESS★vol.130]
10.22 · 【千夜千冊1592夜】数学で数学を突いたらどうなるの[千夜千冊 PRESS★vol.129]
7.23 · 【千夜千冊1587夜】ファッションの道の子[千夜千冊 PRESS★vol.128]
5.28 · 【千夜千冊1582夜】気づかぬうちに巨人の足元[千夜千冊 PRESS★vol.127]
5.19 · 【千夜千冊1581夜】神様の道もシン・ジンからです[千夜千冊 PRESS★vol.126]
4.16 · 【千夜千冊1578夜】止まらないイスラム国[千夜千冊 PRESS★vol.125]
4.9 · 【千夜千冊1577夜】インターネットは生きている[千夜千冊 PRESS★vol.124]
4.2 · 【千夜千冊1576夜】男はつらいよ、神もつらいよ[千夜千冊 PRESS★vol.123]
3.17 · 1575夜★vol.122「、」や「。」が大切です。
3.9 · 1574夜★vol.121 「サル」たちから学ぶ時代
3.2 · 1573夜★vol.120 弟子でいちばん「伊達」な奴
2.18 · 1572夜★vol.119 世界一の発明は「籠」!?
2.3 · 1571夜★vol.118 奏でる「罪と愛」のヴァリアント
1.23 · 1570夜★vol.117 「雅びのサスペンス」を駆けめぐる
1.19 · 1569夜★vol.116 ただのプレイボーイじゃない

2014

12.31 · 1568夜★vol.115 大晦日には「フランスの巨人」をどうぞ
12.26 · 1566・1567夜★vol.114 思考の革命/革命の思想
12.16 · 1565夜★vol.113 「方法」に生きた芸術家 アンリ・マティス
12.10 · 1563夜・1564夜★vol.112 どうちがう?/どうつかう?
11.18 · 1562夜★vol.111 クソったれ世界をフンショク決算
10.31 · 1561夜★vol.110 「編集」も修業や!
10.28 · 1560夜★vol.109 実は、私が犯人でした。
10.21 · vol.108★1559夜 だれが泥棒をかくまうの?
10.14 · vol.107★1558夜 砂漠の空の下、眩いダンディズム
10.7 · vol.106★1557夜 世界一不敵な笑みを浮かべる二人組
9.26 · vol.105★1556夜 WASHOKUの変換力
9.4 · vol.104★1555夜 窓のそば、明かりだまり、憩う時間
9.4 · vol.103★1554夜 青いきつねと白いたねき
9.4 · vol.102★1553夜 MからFへ どんだけ~祭り!
9.4 · vol.100★1541夜 ラーメンは人生?象徴?国民食?
9.4 · vol_99★1540夜 想像力を学びの翼に
9.4 · vol_98★1539夜 小よくビッグを制す夜
9.4 · 号外★千夜千冊ナイトのご案内
9.4 · vol.97★1535夜 名優の方法力に学ぶ
9.4 · vol.96★1533夜・1534夜 暴走の巨人から知のハッキングへ
9.4 · vol_95★1532夜 日本に独特な絆、一揆
9.4 · vol_94★1531夜 日常の生活に、用の美を。
9.4 · vol_93★1530夜まであと1日☆年末特大号☆
9.4 · vol_92★1529夜 世界中がつながる港町ブルース
9.4 · vol.91★1528夜 ココ・シャネルが最も嫉妬した女
9.4 · vol.90★1527夜 本はひとりじゃいられない
9.4 · vol.89★1526夜 ビートたけしも伊勢物語も「かさね」てる!?
9.4 · vol_88★1525夜 メディア新世界、稼ぎの秘密
9.4 · vol.87★1524夜 一人の男が描いたハンセン病
9.4 · vol_86★1523夜 クラシック音楽のはじまりの一夜
9.4 · vol.85★1522夜 「うつ」からうつろう実りの秋

2013

10.18 · vol.84★1520夜 1521夜 脱しるしというおしるし
10.16 · vol.82★1518夜 物語編集力のヒットパレード
9.7 · vol.81★1515 1516 1517夜 黒と白の筋を通す
8.6 · vol.80★1513夜 1514夜 コードとチョードの文明論
7.10 · vol.79★1512夜 方法の時代を告げる神の歌
7.3 · vol.78★1511夜 百年をほどく
7.3 · vol.77★1510夜 やさしさの親密圏
6.15 · vol.76★1509夜 イリュージョンを工学する
6.7 · vol.75★1508夜 自分の花からまことの花へ
6.7 · vol.74★1507夜 贈って、いい共!
5.11 · vol.73★1505夜 1506夜 ウソとリアリティの宇宙
5.1 · vol.72★1504夜 「ほんと」にすみませんの男
4.25 · vol.71★1503夜 知ってるつもりの物語
4.25 · vol.70★1502夜 クラブもサロンも編集です
4.8 · [号外] 「方」一周年記念キャンペーン
4.8 · vol.69★1500夜 1501夜 インターイマジネーションする心身
3.13 · [号外] 「日本する」なら、日本を輪読!
3.13 · vol.68★1499夜 さずかる偶然 さずける必然
3.1 · vol.67★1498夜 坊主、丸はだか?!
2.5 · vol.66★1497夜 幻視の光に世界がみえた
2.5 · vol.65★1496夜 ソーシャルのすゝめ
1.8 · vol.64★1494夜 1495夜 オオカミとの夕食
1.8 · vol.63★1494夜 知のお引っ越し、新装開店

2012

12.14 · vol.62★1493夜 一音成仏、一即多
11.30 · vol.61★1490夜・1491夜 エロキャピ&KARASIA
11.30 · vol.60★1489夜 四録を二対でみる
11.2 · vol.59★1488夜 革命の正体みたり
10.19 · vol.58★1487夜 歌う生物多様性♪
TOPICS|千夜千冊LAB