「松岡正剛の千夜千冊」更新情報、松岡正剛の千夜解説などコンテンツ更新のお知らせ、ブックウェアイベントや企画のご案内、松岡正剛の呟き情報・日刊セイゴオ「ひび」などをお伝えする千夜千冊PRESSは、2011年10月24日に始まりました。 現在までのアーカイブはこちらでご覧いただけます。 

「千夜千冊PRESS」はこちらからご登録ください。
http://1000ya.isis.ne.jp/regist

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━http://1000ya.isis.ne.jp/sp130313
 ★千夜PRESS★ [号外] 2013年3月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■千夜千冊PRESSは、編集工学研究所関連サービスをご利用いただいたこと
 があるみなさまにお届けさせていただいております。配信を希望されない方は、
 お手数ですがメール下部にある、配信解除URLをクリックの上、解除手続を
 行ってください。

 みなさん、こんにちは。
 千夜千冊編集部より、千夜千冊PRESS [号外]をお届けします。

 今回は3月24日(日)よりスタートする
 編集工学研究所 フェロー 高橋秀元による
  日本神話の構造を読み解く『古事記』『日本書紀』あわせよみ「輪読座」
 のご案内です。

 高橋バジラ秀元の「輪読座」がゴートクジISISで初開催することになり
 ました。日本に関する大量の書籍に囲まれたGISIS本楼で、どんな輪読
 が展開されていくのか。「日本する」を標榜する編集工学研究所が送る第一
 弾リアル講座になります。

 図象(ずしょう)と呼ぶ高橋が構成した概念曼荼羅を介して、お互いに声を出しな
 がら輪読して、みずからの力で解読していきます。
 空海、万葉集、三浦梅園など、次々と日本の古典を読み切ってきた「輪読座」
 ですが、今回は日本人の必読書である『古事記』『日本書紀』の「神代」をあ
 わせて輪読し、読み切ります。バジラ高橋がつくったいくつもの構造図をかた
 わらに、自らで日本神話を読み解く力を再生させる機会となるでしょう。
 物部氏の『先代旧事本紀』、忌部氏の『古語拾遺』も参照します。

 <概要>
 定員:35名(定員に達し次第、締切ます)
 参加資格:どなたでも参加できます
 場所:ゴートクジISIS本楼
    東京都世田谷区赤堤2丁目15番3号    phone 03-5301-2213
    http://www.eel.co.jp/access.html
 開催日時:3/24(日)、4/29(月祝)、5/26(日)、6/23(日)、
      7/21(日)、8/25(日)
     13時~18時半(予定)
 座衆参加費:6回分 50,000円(銀行振込、クレジット)
 ※欠席された回の映像データ、作成資料などはお渡しいたします。

   ┏──────────────────────────────┓
   │     ー高橋秀元の「輪読座」ー                                  │
   │     『古事記』『日本書紀』あわせよみ                         │
   │            申込みはこちらから                                                       │
   │http://es.isis.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=118        │
   ┗──────────────────────────────┛

 みなさんへの高橋バジラ秀元からのメッセージになります。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          日本神話をみずから読み解く
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 近年、日本神話の骨格を知るものは少なくなりました。神社に詣でても、そ
 こに祀られているのはいかなる神なのかを知ることもできなくなっています。
 『古事記』『日本書紀』は、日本の宇宙論、生命論、神道論の原点を見せて
 くれる日本人の必読書です。これは近代日本において、あまりにも皇統論と
 結びつけられすぎてきました。そういった近代的な解釈を払拭しつつ、新た
 な観点で読むときがきています。それには既成の読み方に頼らず、自らの読
 み解く力を再生しつつ読み進める必要があるでしょう。

 ゴートクジISISで初開催される今回の輪読では、『古事記』の「上つ巻」、
 『日本書記』の「神代:上・下」を並行して5回で読み切り、6回目に『日
 本書記』の「神武記」を輪読します。
 およその内容の展開は、天地開闢・国生み、禊神話・三貴神、高天原神話、
 出雲神話・天孫降臨、日向神話となります。最後の1回では、「神武東征」
 を読み切ります。また、『古事記』『日本書紀』とともに、物部氏の『先代
 旧事本紀』、忌部氏の『古語拾遺』などを参照するという前代未聞のあわせ
 輪読の機会としたく思っています。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          秘文の古事記、多文の日本書紀
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 基本的に『古事記』は皇室に秘匿されてきた文書です。『古事記』が世に現
 れたのはおそらく南北朝時代のことであって、一般に知られるようになるの
 は江戸時代の国学が盛んになってからのことです。万葉仮名で書かれていた
 ものが、本居宣長の研究によって読めるようになりました。

 『日本書記』は国際語であった漢文で書かれ、奈良・平安時代を通じて、国
 衙・郡衙にも配備されていた公式文書です。これは中国や韓半島においても、
 読まれることを予測して書かれています。従って、日本の古い神社の神名、
 縁起などのほとんどが『日本書紀』に負うところが大きいのです。『日本書
 記』には「一書に曰く」として、多くのヴァージョンが付記されているので
 すが、みなさんはご存知だったでしょうか。

 この「一書」が何を指すかは不明ですが、『日本書記』が編集される以前に
 諸国の神話が編まれていたことを想定させるものです。これらを比較しなが
 ら、『古事記』を脇に置いて読む機会は滅多にないことでしょう。この両書
 の併読は、より大きな視野で日本神話をとらえる観点をもたらします。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          予習厳禁? 読み違いOK?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 輪読座では、第一に予習を禁じることとしています。
 予習は誰かの意見を前もって記憶してくることが多いのです。それでは誰か
 の意見に縛られて、自分自身が読み解く力がつきません。その場で読んで、
 その場で理解するために、毎月、1回で6ヶ月、順次、参加者が声に出して
 輪読し、その声を聞きながら、テキストにマーキングしていきます。一人で
 読んだら、数ページで行き詰るテキストも、不思議に読み解けていく体験を
 味わうことができるでしょう。

 第二に、読み違いなどは問題にしないこととします。
 輪読では、読めるように読んでもらってよいこととしています。読み違いと
 いうのは新たな発見を呼ぶことすらあるんですね。単純な読み違いは、その
 場でフォローします。

 第三に、参加して下さったみなさんが、グループに分かれて纏めをする時間
 をとります。これによって、書かれている内容を構造的に把握しつつ、読み
 進めることができるようになります。

 第四に、『古事記』『日本書紀』をめぐる時代、環境についての解説を図説、
 ダイヤグラムなどでフォローします。両書が書かれておよそ1300年。当時の
 常識とわれわれの常識は大きく異なっています。できるかぎり、その溝を埋
 めつつ読み進められるように便宜をはかっていきます。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         自分の力で古典を読むという方法
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 輪読においては、いわゆる古典を読むという力量を必要といたしません。む
 しろ、既成の読み方は邪魔になることもあります。自分で読み聞きし、自分
 で内容を再編集していく力をつけていく場です。みなさん、身一つで、気軽
 に参加してください。

 この輪読に参加して下さったみなさんは、必ずや『古事記』、『日本書紀』
 を恐れることなく、最後まで読み通すことができるようになっています。こ
 れこそ高橋秀元がチューターを務める輪読の座が、みなさんに提供できる最
 大のプレゼントとなることでしょう。

 参加者が読み回しながら纏めていくという「輪読」という性質ゆえに、35
 人を越えて実行することは難しいため、限定35人の募集です。
 日本神話、日本の古代精神、古代宇宙論に興味がある方は、ふるってご参加
 ください。お待ちしています。
                           高橋秀元

            **********

 高橋バジラ秀元:
 1971年、雑誌「遊」創刊とともに出版社・工作舎の設立に加わる。物語、歴史、
 民俗などを中心に考察を展開し、同誌でアルチュール・ランボウを題材に「呪詞
 開闢」、日本の観念の技術をめぐる「中世観念技術攷」などを執筆。日本のコス
 モロジーにおける諸芸・技術、ボランタリーな組織のあり方を研究してきた。
 現在、編集工学研究所フェロー、エディトリアル・ディレクターを勤める。
 編集工学研究所においては、日本文化、組織論、観光・都市・施設などに関する
 多様な計画、博物館・美術館の企画・構成、市町村の開発や観光振興プロジェク
 トなどに携わっている。

 共著に『ハレとケの超民俗学』『神道の宇宙』(工作舎)、『解釈の冒険』『クラ
 ブとサロン』『反構造としての笑い』(NTT出版)、『ボタンタリー経済の誕生』
 (東洋経済)、『物語編集力』(ダイヤモンド社)、『NARAJIA1』(丸善)、
 『全国古代遺跡・古墳観賞ガイド』(小学館)、『生命の記号論』(東海大学出版)
 などがある。
 近年は、情報と知識に関わるアーカイブのコンテンツ・ディレクターとしての活
 動を広げている。

   ┏──────────────────────────────┓
   │     ー高橋秀元の「輪読座」ー                                                             │
   │     『古事記』『日本書紀』あわせよみ                                                 │
   │            申込みはこちらから                                                       │
   │http://es.isis.ne.jp/shop/products/detail.php?product_id=118        │
   ┗──────────────────────────────┛

 お問い合わせは1000ya@eel.co.jpまで

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ☆★★           ★
 ★★ 千夜千冊PRESS ★★
 ★           ★★☆

  〒 156-0044 東京都世田谷区赤堤2-15-3 ゴートクジISIS
  編集工学研究所 千夜千冊編集部
  Phone: 03-5301-2211 │FAX: 03-5301-2215
  Mail:1000ya@eel.co.jp

 千夜千冊PRESSアーカイブは
 http://1000ya.isis.ne.jp/senyapress/vol1 からご覧いただけます。
 千夜千冊PRESSの配信をご希望でない方は、
 お手数ですが下記よりメール配信登録解除の手続きを行ってください。
 http://1000ya.isis.ne.jp/unregist
============================================================================
※このメールの再配信、および掲載された記事の無断転載を禁じます。
Published by Editorial Engineering Laboratory
Copyright (c) 2012 Editorial Engineering Laboratory. All Rights Reserved.

千夜千冊トップページへ

◆Back Number◆

2016

12.16 · 【千夜千冊LAB NEWS】松岡正剛のオーディオコンテンツ配信開始[千夜千冊 PRESS★vol.156] 
12.9 · 【千夜千冊1625夜】「型」を継承する井上ひさしと麻矢[千夜千冊 PRESS★vol.155] 
12.6 · 【千夜千冊1624夜】待望の熊楠&千夜LABオープン[千夜千冊 PRESS★vol.154] 
11.17 · 【千夜千冊1623夜】あなたの側に潜むハイパークリーチャー[千夜千冊 PRESS★vol.153]
11.14 · 【千夜千冊1622夜】0.1ミリの創造者[千夜千冊PRESS★vol.152]
11.14 · 【千夜千冊1621夜】生命は結晶から生まれた!?[千夜千冊 PRESS★vol.151] 
11.14 · 【千夜千冊1617夜・1618夜】マグロもネコもヒトも「ゲノム」です。[千夜千冊 PRESS★vol.150] 
11.14 · 【千夜千冊1616夜】「われわれ」は暗号である!?[千夜千冊 PRESS★vol.149]
11.14 · 【千夜千冊1615夜】ポケモンどころじゃなかった地球[千夜千冊 PRESS★vol.148]
7.22 · 【千夜千冊1614夜】苔ガールの虫メガネ[千夜千冊 PRESS★vol.147]
7.8 · 【千夜千冊1613夜】サボテンが喋った?[千夜千冊 PRESS★vol.146]
6.29 · 【千夜千冊1612夜】植物は誘惑している!?[千夜千冊 PRESS★vol.145]
6.3 · 【千夜千冊1611夜】フクシマから世界へ「農と言える日本人」を[千夜千冊 PRESS★vol.144]
5.28 · 【千夜千冊1610夜】オレオもマルボロもスタバも大豆も![千夜千冊 PRESS★vol.143] 
5.25 · 【千夜千冊1609夜】4つの植物が人類を狂わせた!?[千夜千冊 PRESS★vol.142] 
5.13 · 【千夜千冊1608夜】「火の鳥」が予言した未来[千夜千冊 PRESS★vol.141]
5.4 · 【千夜千冊1607夜】古を重んじ、自在に遊ぶ[千夜千冊 PRESS★vol.140]
4.20 · 【千夜千冊1606夜】「あいだ」を科学する。「心」を科学する。[千夜千冊 PRESS★vol.139]
4.12 · 【千夜千冊1605夜】学術もガセネタも“陳列”するネット【千夜千冊 PRESS★vol.138】
3.30 · 【千夜千冊1604夜】今日のわたしは何点?[千夜千冊PRESS★vol.137]
3.24 · 【千夜千冊1603夜】「コップ」で「シマウマ」な問題[千夜千冊PRESS★vol.136]
3.17 · 【千夜千冊1602夜】“お化け”を目指す人工知能[千夜千冊 PRESS★vol.135]
3.9 · 【千夜千冊1601夜】めちゃんこデータ時代の夜明け[千夜千冊 PRESS★vol.134]
2.16 · 【祝☆千夜千冊1600夜】69歳ワーグナー VS 72歳松岡正剛[千夜千冊 PRESS★vol.133]
1.20 · 【千夜千冊1599夜】「枕」もとに神の気配??[千夜千冊 PRESS★vol.132]
1.3 · 【千夜千冊1598夜】2016年明けましてアリスです[千夜千冊 PRESS★vol.131]

2015

12.28 · 【千夜千冊1597夜】今年は虚子でおしまひ[千夜千冊 PRESS★vol.130]
10.22 · 【千夜千冊1592夜】数学で数学を突いたらどうなるの[千夜千冊 PRESS★vol.129]
7.23 · 【千夜千冊1587夜】ファッションの道の子[千夜千冊 PRESS★vol.128]
5.28 · 【千夜千冊1582夜】気づかぬうちに巨人の足元[千夜千冊 PRESS★vol.127]
5.19 · 【千夜千冊1581夜】神様の道もシン・ジンからです[千夜千冊 PRESS★vol.126]
4.16 · 【千夜千冊1578夜】止まらないイスラム国[千夜千冊 PRESS★vol.125]
4.9 · 【千夜千冊1577夜】インターネットは生きている[千夜千冊 PRESS★vol.124]
4.2 · 【千夜千冊1576夜】男はつらいよ、神もつらいよ[千夜千冊 PRESS★vol.123]
3.17 · 1575夜★vol.122「、」や「。」が大切です。
3.9 · 1574夜★vol.121 「サル」たちから学ぶ時代
3.2 · 1573夜★vol.120 弟子でいちばん「伊達」な奴
2.18 · 1572夜★vol.119 世界一の発明は「籠」!?
2.3 · 1571夜★vol.118 奏でる「罪と愛」のヴァリアント
1.23 · 1570夜★vol.117 「雅びのサスペンス」を駆けめぐる
1.19 · 1569夜★vol.116 ただのプレイボーイじゃない

2014

12.31 · 1568夜★vol.115 大晦日には「フランスの巨人」をどうぞ
12.26 · 1566・1567夜★vol.114 思考の革命/革命の思想
12.16 · 1565夜★vol.113 「方法」に生きた芸術家 アンリ・マティス
12.10 · 1563夜・1564夜★vol.112 どうちがう?/どうつかう?
11.18 · 1562夜★vol.111 クソったれ世界をフンショク決算
10.31 · 1561夜★vol.110 「編集」も修業や!
10.28 · 1560夜★vol.109 実は、私が犯人でした。
10.21 · vol.108★1559夜 だれが泥棒をかくまうの?
10.14 · vol.107★1558夜 砂漠の空の下、眩いダンディズム
10.7 · vol.106★1557夜 世界一不敵な笑みを浮かべる二人組
9.26 · vol.105★1556夜 WASHOKUの変換力
9.4 · vol.104★1555夜 窓のそば、明かりだまり、憩う時間
9.4 · vol.103★1554夜 青いきつねと白いたねき
9.4 · vol.102★1553夜 MからFへ どんだけ~祭り!
9.4 · vol.100★1541夜 ラーメンは人生?象徴?国民食?
9.4 · vol_99★1540夜 想像力を学びの翼に
9.4 · vol_98★1539夜 小よくビッグを制す夜
9.4 · 号外★千夜千冊ナイトのご案内
9.4 · vol.97★1535夜 名優の方法力に学ぶ
9.4 · vol.96★1533夜・1534夜 暴走の巨人から知のハッキングへ
9.4 · vol_95★1532夜 日本に独特な絆、一揆
9.4 · vol_94★1531夜 日常の生活に、用の美を。
9.4 · vol_93★1530夜まであと1日☆年末特大号☆
9.4 · vol_92★1529夜 世界中がつながる港町ブルース
9.4 · vol.91★1528夜 ココ・シャネルが最も嫉妬した女
9.4 · vol.90★1527夜 本はひとりじゃいられない
9.4 · vol.89★1526夜 ビートたけしも伊勢物語も「かさね」てる!?
9.4 · vol_88★1525夜 メディア新世界、稼ぎの秘密
9.4 · vol.87★1524夜 一人の男が描いたハンセン病
9.4 · vol_86★1523夜 クラシック音楽のはじまりの一夜
9.4 · vol.85★1522夜 「うつ」からうつろう実りの秋

2013

10.18 · vol.84★1520夜 1521夜 脱しるしというおしるし
10.16 · vol.82★1518夜 物語編集力のヒットパレード
9.7 · vol.81★1515 1516 1517夜 黒と白の筋を通す
8.6 · vol.80★1513夜 1514夜 コードとチョードの文明論
7.10 · vol.79★1512夜 方法の時代を告げる神の歌
7.3 · vol.78★1511夜 百年をほどく
7.3 · vol.77★1510夜 やさしさの親密圏
6.15 · vol.76★1509夜 イリュージョンを工学する
6.7 · vol.75★1508夜 自分の花からまことの花へ
6.7 · vol.74★1507夜 贈って、いい共!
5.11 · vol.73★1505夜 1506夜 ウソとリアリティの宇宙
5.1 · vol.72★1504夜 「ほんと」にすみませんの男
4.25 · vol.71★1503夜 知ってるつもりの物語
4.25 · vol.70★1502夜 クラブもサロンも編集です
4.8 · [号外] 「方」一周年記念キャンペーン
4.8 · vol.69★1500夜 1501夜 インターイマジネーションする心身
3.13 · [号外] 「日本する」なら、日本を輪読!
3.13 · vol.68★1499夜 さずかる偶然 さずける必然
3.1 · vol.67★1498夜 坊主、丸はだか?!
2.5 · vol.66★1497夜 幻視の光に世界がみえた
2.5 · vol.65★1496夜 ソーシャルのすゝめ
1.8 · vol.64★1494夜 1495夜 オオカミとの夕食
1.8 · vol.63★1494夜 知のお引っ越し、新装開店

2012

12.14 · vol.62★1493夜 一音成仏、一即多
11.30 · vol.61★1490夜・1491夜 エロキャピ&KARASIA
11.30 · vol.60★1489夜 四録を二対でみる
11.2 · vol.59★1488夜 革命の正体みたり
10.19 · vol.58★1487夜 歌う生物多様性♪
TOPICS|千夜千冊LAB