「松岡正剛の千夜千冊」更新情報、松岡正剛の千夜解説などコンテンツ更新のお知らせ、ブックウェアイベントや企画のご案内、松岡正剛の呟き情報・日刊セイゴオ「ひび」などをお伝えする千夜千冊PRESSは、2011年10月24日に始まりました。 現在までのアーカイブはこちらでご覧いただけます。 

「千夜千冊PRESS」はこちらからご登録ください。
http://1000ya.isis.ne.jp/regist

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━http://1000ya.isis.ne.jp/sp130403
 ★千夜PRESS★ 号外 2013年4月3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■千夜千冊PRESSは、編集工学研究所関連サービスをご利用いただいたこと
 があるみなさまにお届けさせていただいております。配信を希望されない方は、
 お手数ですがメール下部にある、配信解除URLをクリックの上、解除手続を
 行ってください。

 みなさん、こんにちは。
 千夜千冊編集部より、千夜千冊PRESS 号外をお届けします。
 今回は松岡正剛監修のもと、創刊1周年を迎えた
 会員制・千夜千冊サテライトメディア「方(ほう)」のご案内です。

 すでに「方」をご存知のかたもいらっしゃるでしょうが、
 「方」ってなんだと思われたみなさんも多くいらっしゃるでしょう。

 「方」とは・・・
 千夜千冊の世界を「声」と「字」でより親しみやすく、より深め、
 日本と世界の「今」と「昔」を「方法」でつなぐ。
 題して Hyper Oral&literal Web magazine= H・O・W
 千夜千冊「方」型 オーディオ・ウェブ・マガジンが「方」です。

             声
             │
            ┏━┓
          昔─┃方┃─今
            ┗━┛
             │
             字

 その内容は・・・
 松岡正剛が千夜千冊の数夜を選んで、ゴートクジISISにて、
 自ら音読し、解説をした「セイゴオ千夜語り」を中心に、
 いままで非公開とされていた松岡正剛の対談や講演の蔵出しアーカイヴ、
 知る人ぞ知る編集工学研究所主任・高橋バジラ秀元を中心としたスタッフによる
 日本文化編集や消費文化の根源を探るテキストなどで構成されています。

     ┏────────────────────────────────────────┓
     │ ー千夜千冊サテライトメディア 「方」ー     │
     │      会員申込みはこちらから        │
     │   http://1000ya.isis.ne.jp/sp130403  │
     ┗────────────────────────────────────────┛

 それでは詳しくひとつひとつのコンテンツをご紹介します。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 1.セイゴオ千夜語り「一冊一声」(いっさついっせい)
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     桜舞い散るゴートクジ。今宵もセイゴオ一冊一声。
        煙草片手に鼻息吐息、縦横無尽千夜語り。

 千夜千冊のアーカイブのなかから、毎号、松岡正剛が数夜を選び、当時の秘話か
 らコンテンツの解読まで自らが読み、解き、語ります。
 ハイデガーの一夜は前篇・後篇に分かれた大長編です。お聞き逃しなく。

 1周年記念号の配信はこちらの2夜です。

  ヒトザルが失った発情期
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 人間は、毛皮を失った「裸のサル」であり、何でもむしゃむしゃ食べたがる
 「悪食のサル」であり、他の哺乳動物がめったにそんなことはしない
 同種殺害が平気な「憎悪のサル」なのである。
                    322夜『裸のサル』デズモンド・モリス

  恋と投企とヴェルファーレン(特大号 前篇・後篇)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ハイデガーは、意識が慣れすぎた場所から、ふいに「べつ」や「ほか」に
  移すための方法を開示した。その瞬間移動の中間に“裸の場所”があり、
  そこにポツンとおかれた存在の“裸の姿”が、いわゆる「現存在」
 (存在を理解するための特異な存在者)なのである。
               916夜『存在と時間』マルティン・ハイデガー

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2.がみがみイシス・セレクション
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      かみがみ降臨、がみがみイシス。
         熟選玩味、おりがみボイス。

 松岡正剛が所長をつとめる編集工学研究所が、創設以来25年の歴史のなかで
 蓄積してきた貴重な映像・音声集から未公開の素材を中心に、コンパクトなパッ
 ケージでお届けします。

 1周年記念号の配信は、
 松岡正剛ソロ講義「公・共・私のAIDA」です。
 「公」「私」の区別のAIDAにある「共」をいかに考えるか、
 逼塞した現代に活路を切り開くセイゴオ節にご傾聴ください。

千夜千冊より・・・

 ネットワーク社会というもの、「仲間以外はみな風景」となる場合も少なくない。
 これらは「公」と「私」が両極に片寄って極端化しているためで、あいだの「共」
 が欠けているのだ。

               1496夜『ソーシャルメディア進化論』武田隆

 イスラムにおいては「公」がべらぼうに大きくて、そこに「共」と「私」とが
 うまく包まれるのですね。この公共性のことを「マスラハ」と言うそうです。
 マスラハの意義は資本主義社会の公共利益や社会福祉とは異なります。
 もっともっと「公と共と私」を貫くものになっているんですね。

               1395夜『イスラム経済論』加藤博

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3.日本編集文化誌 by高橋バジラ秀元
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      日本するなら、方法日本!
        怪人バジラの編集講釈、いざお立合い。

 日本の歴史と現在を再編集し、編集工学的方法で縫いつなぐ「日本編集文化誌」。
 博覧強記の編集工学研究所フェロー・高橋バジラ秀元が大胆な仮説で古代から現代、
 世界と日本のあいだを組み立てます。

 1周年記念号の配信は・・・
 「神話と商品の編集」~エターナルリターンと根の国の秘密~です。
 ミルチャ・エリアーデの説から説き起こし、天岩戸神話にたてられた依代から
 どのように品や職能がうまれたのか、折口信夫の『死者の書』にも描かれた
 中将姫伝説から小野小町、竹取物語までさまざまな伝説がいかに商品を生んだのかを
 「本歌」と「本歌どり」という視点から解読します。

千夜千冊より・・・

 おそらく折口には、この物語を書く前、このたった一枚の当麻曼陀羅が
 あっただけなのだ。中将姫が蓮糸で編んだという伝承のある曼陀羅だ。
 折口はこれを見つめ、これを読み、そこに死者の「おとづれ」を聞いたのである。
 そういう意味では、この作品は「古代の音の物語」でもあった。

                143夜『死者の書』折口信夫

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4.ZOKMON ─ 現代日本の陳列室
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      俗なもんだと侮るなかれ。
          族で揃えて、ゾクゾクさせる。

 「ZOKMON─ 現代日本の陳列室」では、1周年を迎えてモデルチェンジです。
 巷にあふれる商品や製品の“素材”に注目しながら、
 その類型・典型・原型をさぐっていきます。

 1周年記念号の配信は・・・
 「白木 plain wood」と題して、ダブル遷宮の年を迎えた伊勢神宮、出雲大社に
 はじまり、重箱から白木台までさまざまな場面で活用される「白木」の力に
 迫ります。

千夜千冊より・・・

 この編集方法はいろいろな場面にあらわれる。政治と立法の舞台の大極殿を
 瓦葺の石造りの中国風にし、生活の舞台の清涼殿などを檜皮葺で白木造りの
 寝殿にするというのも、その例である。

                158夜『和漢朗詠集』藤原公任選

             * * *

     ┏────────────────────────────────────┓
     │ ーー 千夜千冊サテライトメディア ーー   │
     │         「方」          │
     ┗────────────────────────────────────┛

■概要
 会員制・千夜千冊サテライトメディア「方」(月刊オーディオ・ウェブマガジン)
 2013年4月より 会員専用ウェブサイト+メール配信(月4回)

■価格
 月会員=2000円(税込)
 年会員=20000円(税込)

■配信予定
 第一回配信:4月9日(火)
 毎週火曜日に月4回配信されます。

■1周年記念特典

 キャンペーン期間中に、年間または月間会員にお申込みいただいた皆さまには、
 3月15日に行われた千夜千冊1500夜記念イベント「千夜千冊ナイト」での
 公開収録の音源を特典としてプレゼントします。

 特典内容 : 「一册一声」1500夜 達成記念スペシャル「第1500夜 柿本人麻呂」

 募集期間 : 2013年 4月30日 まで

※会員限定イベント
 本年度、継続会員の方、限定での対談、トークイベントを企画しています。

■「方」会員 申込方法
 「方」トップページ横の申し込みボタンからお申込ください。
 http://1000ya.isis.ne.jp/sp130403

 お問い合わせはclubmaster@eel.co.jpまで

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

============================================================================

 ☆★★           ★
 ★★ 千夜千冊PRESS ★★
 ★           ★★☆

  〒 156-0044 東京都世田谷区赤堤2-15-3 ゴートクジISIS
  編集工学研究所 千夜千冊編集部
  Phone: 03-5301-2211 │FAX: 03-5301-2215
  Mail:1000ya@eel.co.jp

 千夜千冊PRESSアーカイブは
 http://1000ya.isis.ne.jp/senyapress/vol1 からご覧いただけます。
 千夜千冊PRESSの配信をご希望でない方は、
 お手数ですが下記よりメール配信登録解除の手続きを行ってください。
 http://1000ya.isis.ne.jp/unregist
============================================================================
※このメールの再配信、および掲載された記事の無断転載を禁じます。
Published by Editorial Engineering Laboratory
Copyright (c) 2012 Editorial Engineering Laboratory. All Rights Reserved.

千夜千冊トップページへ

◆Back Number◆

2016

12.16 · 【千夜千冊LAB NEWS】松岡正剛のオーディオコンテンツ配信開始[千夜千冊 PRESS★vol.156] 
12.9 · 【千夜千冊1625夜】「型」を継承する井上ひさしと麻矢[千夜千冊 PRESS★vol.155] 
12.6 · 【千夜千冊1624夜】待望の熊楠&千夜LABオープン[千夜千冊 PRESS★vol.154] 
11.17 · 【千夜千冊1623夜】あなたの側に潜むハイパークリーチャー[千夜千冊 PRESS★vol.153]
11.14 · 【千夜千冊1622夜】0.1ミリの創造者[千夜千冊PRESS★vol.152]
11.14 · 【千夜千冊1621夜】生命は結晶から生まれた!?[千夜千冊 PRESS★vol.151] 
11.14 · 【千夜千冊1617夜・1618夜】マグロもネコもヒトも「ゲノム」です。[千夜千冊 PRESS★vol.150] 
11.14 · 【千夜千冊1616夜】「われわれ」は暗号である!?[千夜千冊 PRESS★vol.149]
11.14 · 【千夜千冊1615夜】ポケモンどころじゃなかった地球[千夜千冊 PRESS★vol.148]
7.22 · 【千夜千冊1614夜】苔ガールの虫メガネ[千夜千冊 PRESS★vol.147]
7.8 · 【千夜千冊1613夜】サボテンが喋った?[千夜千冊 PRESS★vol.146]
6.29 · 【千夜千冊1612夜】植物は誘惑している!?[千夜千冊 PRESS★vol.145]
6.3 · 【千夜千冊1611夜】フクシマから世界へ「農と言える日本人」を[千夜千冊 PRESS★vol.144]
5.28 · 【千夜千冊1610夜】オレオもマルボロもスタバも大豆も![千夜千冊 PRESS★vol.143] 
5.25 · 【千夜千冊1609夜】4つの植物が人類を狂わせた!?[千夜千冊 PRESS★vol.142] 
5.13 · 【千夜千冊1608夜】「火の鳥」が予言した未来[千夜千冊 PRESS★vol.141]
5.4 · 【千夜千冊1607夜】古を重んじ、自在に遊ぶ[千夜千冊 PRESS★vol.140]
4.20 · 【千夜千冊1606夜】「あいだ」を科学する。「心」を科学する。[千夜千冊 PRESS★vol.139]
4.12 · 【千夜千冊1605夜】学術もガセネタも“陳列”するネット【千夜千冊 PRESS★vol.138】
3.30 · 【千夜千冊1604夜】今日のわたしは何点?[千夜千冊PRESS★vol.137]
3.24 · 【千夜千冊1603夜】「コップ」で「シマウマ」な問題[千夜千冊PRESS★vol.136]
3.17 · 【千夜千冊1602夜】“お化け”を目指す人工知能[千夜千冊 PRESS★vol.135]
3.9 · 【千夜千冊1601夜】めちゃんこデータ時代の夜明け[千夜千冊 PRESS★vol.134]
2.16 · 【祝☆千夜千冊1600夜】69歳ワーグナー VS 72歳松岡正剛[千夜千冊 PRESS★vol.133]
1.20 · 【千夜千冊1599夜】「枕」もとに神の気配??[千夜千冊 PRESS★vol.132]
1.3 · 【千夜千冊1598夜】2016年明けましてアリスです[千夜千冊 PRESS★vol.131]

2015

12.28 · 【千夜千冊1597夜】今年は虚子でおしまひ[千夜千冊 PRESS★vol.130]
10.22 · 【千夜千冊1592夜】数学で数学を突いたらどうなるの[千夜千冊 PRESS★vol.129]
7.23 · 【千夜千冊1587夜】ファッションの道の子[千夜千冊 PRESS★vol.128]
5.28 · 【千夜千冊1582夜】気づかぬうちに巨人の足元[千夜千冊 PRESS★vol.127]
5.19 · 【千夜千冊1581夜】神様の道もシン・ジンからです[千夜千冊 PRESS★vol.126]
4.16 · 【千夜千冊1578夜】止まらないイスラム国[千夜千冊 PRESS★vol.125]
4.9 · 【千夜千冊1577夜】インターネットは生きている[千夜千冊 PRESS★vol.124]
4.2 · 【千夜千冊1576夜】男はつらいよ、神もつらいよ[千夜千冊 PRESS★vol.123]
3.17 · 1575夜★vol.122「、」や「。」が大切です。
3.9 · 1574夜★vol.121 「サル」たちから学ぶ時代
3.2 · 1573夜★vol.120 弟子でいちばん「伊達」な奴
2.18 · 1572夜★vol.119 世界一の発明は「籠」!?
2.3 · 1571夜★vol.118 奏でる「罪と愛」のヴァリアント
1.23 · 1570夜★vol.117 「雅びのサスペンス」を駆けめぐる
1.19 · 1569夜★vol.116 ただのプレイボーイじゃない

2014

12.31 · 1568夜★vol.115 大晦日には「フランスの巨人」をどうぞ
12.26 · 1566・1567夜★vol.114 思考の革命/革命の思想
12.16 · 1565夜★vol.113 「方法」に生きた芸術家 アンリ・マティス
12.10 · 1563夜・1564夜★vol.112 どうちがう?/どうつかう?
11.18 · 1562夜★vol.111 クソったれ世界をフンショク決算
10.31 · 1561夜★vol.110 「編集」も修業や!
10.28 · 1560夜★vol.109 実は、私が犯人でした。
10.21 · vol.108★1559夜 だれが泥棒をかくまうの?
10.14 · vol.107★1558夜 砂漠の空の下、眩いダンディズム
10.7 · vol.106★1557夜 世界一不敵な笑みを浮かべる二人組
9.26 · vol.105★1556夜 WASHOKUの変換力
9.4 · vol.104★1555夜 窓のそば、明かりだまり、憩う時間
9.4 · vol.103★1554夜 青いきつねと白いたねき
9.4 · vol.102★1553夜 MからFへ どんだけ~祭り!
9.4 · vol.100★1541夜 ラーメンは人生?象徴?国民食?
9.4 · vol_99★1540夜 想像力を学びの翼に
9.4 · vol_98★1539夜 小よくビッグを制す夜
9.4 · 号外★千夜千冊ナイトのご案内
9.4 · vol.97★1535夜 名優の方法力に学ぶ
9.4 · vol.96★1533夜・1534夜 暴走の巨人から知のハッキングへ
9.4 · vol_95★1532夜 日本に独特な絆、一揆
9.4 · vol_94★1531夜 日常の生活に、用の美を。
9.4 · vol_93★1530夜まであと1日☆年末特大号☆
9.4 · vol_92★1529夜 世界中がつながる港町ブルース
9.4 · vol.91★1528夜 ココ・シャネルが最も嫉妬した女
9.4 · vol.90★1527夜 本はひとりじゃいられない
9.4 · vol.89★1526夜 ビートたけしも伊勢物語も「かさね」てる!?
9.4 · vol_88★1525夜 メディア新世界、稼ぎの秘密
9.4 · vol.87★1524夜 一人の男が描いたハンセン病
9.4 · vol_86★1523夜 クラシック音楽のはじまりの一夜
9.4 · vol.85★1522夜 「うつ」からうつろう実りの秋

2013

10.18 · vol.84★1520夜 1521夜 脱しるしというおしるし
10.16 · vol.82★1518夜 物語編集力のヒットパレード
9.7 · vol.81★1515 1516 1517夜 黒と白の筋を通す
8.6 · vol.80★1513夜 1514夜 コードとチョードの文明論
7.10 · vol.79★1512夜 方法の時代を告げる神の歌
7.3 · vol.78★1511夜 百年をほどく
7.3 · vol.77★1510夜 やさしさの親密圏
6.15 · vol.76★1509夜 イリュージョンを工学する
6.7 · vol.75★1508夜 自分の花からまことの花へ
6.7 · vol.74★1507夜 贈って、いい共!
5.11 · vol.73★1505夜 1506夜 ウソとリアリティの宇宙
5.1 · vol.72★1504夜 「ほんと」にすみませんの男
4.25 · vol.71★1503夜 知ってるつもりの物語
4.25 · vol.70★1502夜 クラブもサロンも編集です
4.8 · [号外] 「方」一周年記念キャンペーン
4.8 · vol.69★1500夜 1501夜 インターイマジネーションする心身
3.13 · [号外] 「日本する」なら、日本を輪読!
3.13 · vol.68★1499夜 さずかる偶然 さずける必然
3.1 · vol.67★1498夜 坊主、丸はだか?!
2.5 · vol.66★1497夜 幻視の光に世界がみえた
2.5 · vol.65★1496夜 ソーシャルのすゝめ
1.8 · vol.64★1494夜 1495夜 オオカミとの夕食
1.8 · vol.63★1494夜 知のお引っ越し、新装開店

2012

12.14 · vol.62★1493夜 一音成仏、一即多
11.30 · vol.61★1490夜・1491夜 エロキャピ&KARASIA
11.30 · vol.60★1489夜 四録を二対でみる
11.2 · vol.59★1488夜 革命の正体みたり
10.19 · vol.58★1487夜 歌う生物多様性♪
TOPICS|千夜千冊LAB