植島啓司
男が女になる病気
朝日出版社 1980

 あるものを理解するために「それに似たものをさがす」という精神の運動がある。とくに宗教文化の歴史においては、そのあるものは孤立していない。あるものは各地に飛び火し、その同位元素がつくられ、そこで倍音をふやし、異性体を派生し、その他さまざまな似たものを招じ入れていく。
 著者はそのようなことを求めて本書を書いた。ここでは「あるもの」とはヘロドトスやアリストテレスやヒポクラテスによって「エナレス」とよばれた現象である。エナレスは病気だと思われた。これが表題の「男が女になる病気」にあたる。ホモセクシャルのことではない。それも多少は含まれるが、むしろ宗教人類学医療人類学にとって謎に満ちている。
 本書の叙述はそっけなく、断片的であり、学術的文体としての統一もはかられていないけれど、示唆に富む。こういう書き方だったから、かえって著者の狙いが絞れたのだろうし、こちらも推理の愉しみが広がった。著者は宗教史学者であって、また名うての競馬狂いである。万馬券を何度かあてている。この一冊にもどこかに万馬券が入っていた。

 紀元前7世紀ごろから黒海の北側のステップ地帯にスキタイ人がいた。そこに奇妙な病気が流行しているという噂が古代ギリシアにも届いていた。多数の男たちが生殖不能となって“女”として暮らしているというのだ。これがエナレスの噂である。
 ヒポクラテスの説明では、スキタイ人は馬に乗るために関節に炎症が生じやすく、その治療法として両耳のうしろを瀉血することが奨励されていたのだが、しばしば血管を切ってしまうので、そのうち性交不能となり、その原因を神々に求めてその定めにしたがって女性の服装をなし、女性として振る舞うようになるという。
 両耳の血管が生殖機能と直結しているなんて、まるで中国医学の経絡のようであるが、著者はまさにそのような考え方や治療法が古代エジプトをはじめ、各地にあったのではないかと見る。たとえばエンゲージ・リングを薬指にはめるのは、薬指が心臓につながっていると考えられたからだった。

 古代、こうした「想像上の解剖学」はたいていは“神聖病”として認知されていく。エナレスも、スキタイ人のある者がシリアの町アスカロンのウラニア・アフロディテを祀った神殿を荒らしたのが原因だとみなされた。ウラニア・アフロディテはキュプロスなどを中心に西アジア一帯に広まった女神信仰である。ヘロドトスは、アスカロンの神殿には古代ギリシア文化に先立つ最古層の信仰があるとみなしていた。
 この伝承は、もともとウラニア・アフロディテの信仰そのものになんらかの「男が女になる病気」の因子が孕んでいて、それがスキタイ人に広がっていったと読むことができる。
 そのためかどうか、スキタイのエナレスは女装した占い師として柳の枝をつかった特別の卜占術を駆使するようになったという。

 特別の卜占術とは“怪しい占い”ということで、古代ローマでもビザンティン社会でも、その後のキリスト教社会のなかでも、こうした得体の知れない占術はつねに禁止されてきた。支配体制を整えようとする社会において、制度にあわない占いはつねに排除されてきた。
 しかし制度はイマジネーションを制限しきれない。それらは制限を食い破って人々の精神の運動となり、土地をまたぎ民族をこえて伝播されていく。それが制度に代わって、かえって新たな「思考の枠組」になっていく。
 制度の本質は古今東西どこにおいても、分類であるフーコーは分類が猛威をふるった最初の時代を古典主義時代においたけれど、実際には分類は古代制度にすでに顕著であった。制度とは、何をどこに分類するかだったのだ。この分類に入らないものは“化外”や“怪物”や“魔女”とみなされた
 ところが、人々のイマジネーションとはタフなもので、そのように排除された非分類の系譜にこそ空想がはたらいていく。こうしてデーモンの一族や土蜘蛛の一族が想定され、それに似たものが付け加わっていく。たとえば今日、われわれはオサマ・ビンラディンサダム・フセインが排除されたままであることを知っているが、時がたつにつれ、そこにはビンラディンやフセインの幻の系譜が想定され、きっとそれが増殖していくはずなのである。
 それにしてもなぜ、エナレスに発したとおぼしい「思考の枠組」は女装をともなったのか。

 古代中世のスキタイ人の習俗は、今日なお中央コーカサス地方のオセット人にいくばくが残っている。そこには柳の枝による卜占術が見られる。その占術は女性にのみ特有されていた。
 オセット人の占術師はシャーマンでもある。シャーマンの習俗は世界各地でさまざまなものになっているが、女もいれば男もいた。しかし男のシャーマンが神霊の象徴力をあらわすために“神の妻”となるための女の衣裳をまとったり、“女の声”を発するところも少なくない。とくに驚くべきは、なんらかの理由で女系が絶えたり女権を奪った地域では、男が男のシャーマンを生むために、結婚あるいは擬婚をする例である。
 このような例を考えてみると、スキタイの「男が女になる病気」は病気ではなく、エナレスというシャーマンのことだったかのようにも思えてくる。まだ古代ギリシアが遊牧民や西アジアの宗教儀式を知らなかったため、それが病気や“神の病”として解釈されたのかと思われてくる。
 しかし著者は事態はそんなに簡単ではなかったと考える。むしろそこには擬婚や擬娩の習俗があって、それがさまざまな「それに似たもの」を呼びこんだのではないか。

 こうして本書は、そもそもイメージとメタファーがどのように形成され、それが「似たもの」を食べ、「似たもの」を吐いていく精神の運動として、世界各地にどのように異なった情報をふりまいていくかという事情の一端の“解決”に向かっていく。
 江戸後半期、若衆女郎が流行したことがある。若衆が女郎を装ったのか、女郎が若衆を装ったのかというと、女郎が男装して見世に出た。われわれはこのような現象をひとつの風俗か流行か、もっと悪いときは個性の開花かおもいつきのように見るが、そのようなことはめったにないと思ったほうがいい。
 そんなことは、古代このかた精神の運動のどこかに埋めこまれていた文化遺伝子か、さもなくば、どこかに必ずそれを引き当てる者がいる万馬券だったのである。

コメントは受け付けていません。