リン・マーグリス&ドリオン・セーガン
性の起源
青土社 1995
ISBN:4791754050
Lynn Margulis & Dorion Sagan
Origins of Sex 1986
[訳]長野敬・原しげ子・長野久美子

 コーネル大学から30分ほど離れた美しい湖のそばにカール・セーガンの家があった。コンクリート箱型の家だが、家の真ん中を一本のカエデが貫いていて、あっと思わせる。
 ぼくはそのセーガンの家で初めてリン・マーグリスがセーガンの前の奥さんだったことを知り、本書の共著者であるドリオンが二人のあいだに生まれた息子であることを知った。ということは、そのときはセーガンは二人目のかわいい夫人と一緒に暮らしはじめていたということだ。
 ぼくがセーガンの家を訪れたのは、セーガンが原子核の世界をめぐるシナリオを書いた科学テレビ番組を日米で同時にオンエアしようという企画のためで、ぼくが日本の番組のキャスターをやることになっていた。が、この計画はセーガンの病気と死によって中断されてしまった。
 まあ、そんなことはどうでもいい。ただ、天才的なひらめきが多いリン・マーグリスの遺伝子生物学の発想は、とりわけ「性」をめぐる発想は、おそらくはカール・セーガンとの機知に富んだ会話も手伝っていたのだろうとおもうばかりのことである。

 性の起源はながらく生物学者を悩ませてきた問題だった。とくに何が悩みの種かというと、性の発生現場を押さえられないことと、有性生物たちが世代ごとに交配に要する生物学的コストをどうやって払えるかということが、わからなかったせいだった。
 本書はこの二つの悩みをみごとに撃破した。それはお見事というしかないものだが、その撃破の方法は意外なものだった。

 性は最初の最初は細菌のふるまいのなかで発生したらしい。この細菌に芽生えた性は、DNA分子のスプライシング(切断連接)や修復のプロセスから生じたもので、それを性とよぶかどうかは、今後の議論と検討にかかっている。しかも、意外なことにわれわれがそれが性だとおもえる性の起源は、それとは別におこっている。
 単細胞の原生生物であるプロティストというやや複雑な微生物のなかに、新しい別種の性が出現したのである。これは単細胞生物が減数分裂をはじめたことと関係していた。しかもその減数分裂と関連して発生した性は、意外なことに最初のうちは生殖とはまったく関係のない性質だったというのだった。
 本書はそのことをめぐる仮説を徹底的に論証してみせたものである。説得力がある。いまは亡きセーガンの血も感じさせる。

 生命活動の本質というものは、わかりやすくまとめていえば「自己維持」と「成長」と「複製」にある。
 しかしながら、この3つの本質的な活動は性がなくたっておこりうる。実際にも30億年にわたって、この3つの生命活動は性を介在しないで維持されてきた。
 そもそも生殖(再生産)なしの自己維持(オートポイエーシス)がおこりうるということを確認しておくべきなのである。"自己"をもつ生物がそれなりの栄養分をとりこんで、核酸とタンパク質の合成がいつまでも続くかぎり、それでいいわけだ。性はいらない。実際にもそのようなセックスなしの生物は、地球上にはたくさんある。問題は、そのような自己維持系が最初の進化をとげたあとで、なぜ細菌細胞が「分裂」という行為によって生殖するようになったかということ、そのことなのである。
 おそらくは最初の原細胞でDNAのエラー訂正が何かの役にたって、これが減数分裂をおこすことになったのであろう。
 ところが、ここでさらに新しい問題がおこる。減数分裂がおこる生物が出現してみると、そこには単一で生きながらえる"しくみ"が足りないことがわかってきた。生物たちはそこで「共生関係」を工夫する。これが新たな「性」の誕生を促した。また、こうして性のプロセスが生物の活動にたちあらわれてくると、その性のプロセスこそが生殖を保障するようになったのである。こうしてセックスと、そしてジェンダーとが、別々の理由とプロセスで発生していった。著者の主張はここにある。

 当初の性のプロセスは、DNA組み替えのレベルでおこる。ここでは細菌のDNA修復がそのプロセスに重なっている。
 DNAの自己複製機能には必ず誤植がつきものなのであるが、そのときDNA塩基対の欠損・付加・変更がおこり、これらが次々に新しい活動、すなわち「分化と進化」をおこす要因になる。性のプロセスの淵源もここにある。
 おそらくはDNA修復のためにつかわれた酵素系がクロマチンの起源と交差のプロセスにもちこまれ、再使用されるようになったのではないかと著者たちは仮説する。
 ここで、それ以前の共生関係に関与していたミトコンドリア、色素体、MTOC(微小管組織中心)を生物の中にとりこんでしまったのである。外部者が内部者になったのである。

 こんなところで自慢をするのも妙ではあるが、ぼくは『遊』の創刊号の前後で、この「生命における外部性の内部化」に異常な関心をもった。
 当時、ジャック・モノーの『偶然と必然』が流行していたのではあったが、どうしてもその説明に満足できず、わずかな原資料をもとに、ぼくはぼくなりの夢を見た。その僅かな夢の心地については、『遊』創刊号の「ミトコンドリア・カルテット」という戯作文がその雰囲気を綴っている。

 話を戻すと、かくて生物史は真核細胞の時代に入っていく。性の成立はここからである。
 その鍵を握っているらしいのは、著者たちによればスピロヘータで、その独特の波動運動が真核細胞の複合体に"選択上の利益"を与え、逆にスピロヘータのほうは宿主の代謝産物にすっかり依存する性質になっていき、ここに新たな事態が出来た。こうして各世代ごとにスピロヘータは宿主とほぼ同率でふえ、複合体は宿主ごとにスピロヘータをもつことになる。もしスピロヘータの殖え方が大きすぎていれば、その波動要素が宿主を破壊してしまったであろうけれど、そこは結局は共生関係になったのである。
 このような仮説が成立しうるのは、真核細胞のMTOCがスピロヘータのゲノムの名残りだという見方によっている。

 性とは、きわめて稀な異形配合を起源として発生してきたものなのだ。ちょっとシャレていえば、真核細胞と微生物共同体とは相同なのである。
 そこでは減数分裂を背景にした「性のサイクル」というものがある。このサイクルは、もともとは有糸分裂にともなって発生していた例の"ダンス"を起源としているのかもしれない。そこはいまだはっきりしないものの、仮にそうだとすれば、性とは、あらゆる意味において、たえず相互作用的であり、共生的なプロセスだったということになる。
 すなわち性は生物が発展するにあたってきわめて本質的なサイクルを表現したものなのであり、それゆえ生命の高級なリズミックな本質を体現したものなのだ。

参考¶本書の記述ぶりはかなり難解である。よほど分子生物学や遺伝生物学に詳しくないかぎり、わかりにくいかもしれない。翻訳もあまりうまくない。しかしそれだけに、その微妙な飛躍がキラキラとする。もう少しわかりやすく「性の起源」を知りたい向きには、同じ共著者による『不思議なダンス・性行動の生物学』(青土社)を参考にされたい。

コメントは受け付けていません。